大容量ボトルが安いとは限らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

RIMG0101

・・

基本的に使用頻度が高くても大容量サイズは買わないことにしています。けれども一つ例外を感じたものがあります。それは、我が家でずっと使っている「石鹸成分メインの泡のハンドソープ」です。

これは近隣の店で扱っているところが限られています。さらにタイミングが悪いと品切れしていることがあります。そのため通販を利用することが多いのですが、単価が低いので送料を考慮して買うタイミングがいろいろ難しいのです。そこで「これに関しては大容量サイズを買った方が良いのではないか」という思いが沸きました。

容量は、いくつかの種類がありますが、今回買ったのは3Lです。実はこの品、他の通常サイズを買った場合と価格的なお得感はありません。それでもこのサイズを買ってみたのには次のような理由があります。

スポンサーリンク

価格のメリットがないのに大容量サイズを買った理由

理由は①買い物の手間の削減②収納スペースの削減③好奇心です。実のところ③が一番かもしれません。詰め替え用の小さいものではなくて、ボトルタイプの大容量を使うってどんな感じ?」と実験的な目的があります。

ちなみに収納スペースの削減の意味ですが、例えば通常サイズの一袋300mlの品を10袋置くよりも、この大容量サイズの方が置く面積は少なくて済みます。(無造作に積み重ねた場合はこの限りではありませんが)

今回買った3リットルタイプは、予想より「そんなに大きくない」印象です。収納する場所にもそれほど支障ありません。

ちなみに、詰め替える本体は、こちらです。

RIMG0107

では、詰め替えてみます。初めに、本体のふたを外してノズルを付け替えます。

RIMG0102

ノズルをギュギュッと差し込みます。

RIMG0104

注ぎ終えたらノズルのふたをしっかり閉めます。

RIMG0106

注ぐ作業は、思ったより簡単で、こぼれたり垂れる事もなくスムーズでした。

ちなみに、単品で買った場合と、この大容量サイズを買った場合のコストの比較をしてみます。(2016年2月14日現在アマゾンの販売価格)

  1. 3L           販売価格 2,668円 1㎖あたり0.8円
  2. 220㎖詰め替え      販売価格 231円  1㎖あたり1.05円
  3. 220㎖詰め替え2個セット 販売価格 418円  1㎖あたり0.95円
  4. 300㎖詰め替え      販売価格 378円  1㎖あたり1.26円
  5. 300㎖詰め替え2個セット 販売価格 1,012円 1㎖あたり1.68円

このように、計算してみると今回購入のサイズが劇的にお得!ってわけでもありません。けれども、ちょっと一旦、それを脇に置くと、興味深いことがわかります。

一般に、容量の多い物は安い事が多いですよね。ところが今回の場合ですが、このように4,5の300㎖は、200㎖容量の物よりも割高です。

しかも1個で買うよりも2個セットの方が高い価格設定です。

普通は単体で買うよりも2個セットの方が安いというのが定番のイメージがあります。

ところが、このように、改めて計算をしてみると決してその法則があてはまりません。このようなことは、他の商品でもよくあります。

通販の場合は電卓で計算しますが、店頭の場合、わかりにくいので、なんとなく「大容量の方が安いだろう」と思って、たくさん入っている方を買ってしまいがちです。また、本体価格よりも詰め替え価格の方が安いだろうと思う事もあります。

ところが実際は、そうとも限らないことがよくあります。事例としては本体価格の方が確かに詰め替え価格よりも高いのですが、容量当たりの価格を計算すると、実は本体価格の方が安かったってことがあります。

もっとも、こういう買い物は、中身の価格だけで決定するとは限りません、人によっては詰め替えの作業が限りなく面倒だから、いつも本体を買うという人もいます。また、割高でも容器のごみを出したくないから詰め替えを買うという人もいるでしょう。

「じゃあ、どうして、コスト的にお得でもない大容量サイズを買ったの?」という疑問が沸くと思います。

それについての答えは・・

  • 買い物の手間の削減
  • 収納スペースの削減
  • 興味があった

の3つです。

買い物の手間の削減であれば220ml容量2個セット7組買えば、3Lを一個買うのとコストに大差がありません。けれども単純に、7組=14個分となると、それを置くにはそれなりの面積が必要です。ところが3Lの場合は、省スペースで同じくらいの容量を保管できます。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。