「何を着るか?」の悩みは終わりにしよう。他人はあなたのことを気にしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「何を着たらよいかわからない。」で迷う女性は多いですよね。でも、心配は要りません。それは「あなたが何を着ているかなんてことを、他人はたいして気にかけていない」からです。こんなことを言われると腹が立ちますか。確かに、一瞬は視界に入りますから「今日はこういう服を着ているな。」程度の認識はするでしょう。

スポンサーリンク

何を着ているか、あなたを凝視する人は多くない

けれども、よほどあなたが変わった服装をしているか、相手があなたのストーカーであるか、あなたのファンか、あなたの真似をしようとしているのでない限り、あなたが着ている服の認識はせいぜい5秒で終わります。そして「何を着るか」と悩む位の方は、とても良識のあるかたのはずです。だから誰かの印象に残るような極端な服装をしていないはずです。そうだとすれば、それが正解です。「良くも悪くも他者の感情を揺さぶらない服装」それがあなたの求める「正解」の服です。この種のお手本はNHKの朝の番組の女性キャスター等の服装です。

ダサいと思われず
流行を追っていると思われず
安っぽいと思われず
高すぎると思われず
品がないと思われず
バカっぽいと思われない
そんな服、です。

これはNHKの朝の番組の女性キャスターが見本を示しています。実際に、「今朝のNHKのキャスターの女性は何を着ていて、どんな髪型をしていたか。」を思い出してみてください。思い出せませんよね。つまりは「何を着るか。」と悩む女性が求める服装の正解は良くも悪くも「印象に残らない服」なのです。同時に「相手の感情を揺さぶらない服」です。

この観点からすれば、実は服装を褒められることは喜ばしいことではありません。相手にわざわざ口にさせるほどに「感情を揺り動かしている」からです。本当に素敵と思って褒めるのかどうか、女性の感情と言い方は複雑ですから、真意はわかりません。案外、実は反対の意を含んでいることもあります。

手っ取り早いのは、通販カタログを眺めることです。実際に買う必要はありませんが、ファッション誌の場合は、紹介されているライフスタイルの経済レベル高く、服の価格も高額の傾向があります。そのため、現実的ではありません。それに対して、通販カタログは、(ディノス、ベルメゾンなど)割と等身大です。中には高額なものもありますが、ピンキリです。

大手通販に掲載される(販売される)服は、その時期のトレンドと「普通」が凝縮されています。そのため、それらを眺めながら「今はこういう服が普通」と、だいたいの雰囲気を把握するのにちょうど良いのです。さらに、実際に買うことができます。雑誌で見た服と同じものや似たものを探すことには労力が必要で、価格も高額なものがありますが、通販カタログの場合は、比較的等身大です。「ファッション誌を見ながら買うこともできる雑誌」という位置づけもできます。

まとめ

自分が思うほど他人はたいして気にしていません。ただし、どこかに出かけた折に良い席に案内され、丁寧な応対を受けてもらうには、リッチ感をかもしだすなどの演出は必要です。

このようなことに喜びと必要性を感じるかどうか、それとも「どうでもいい」と感じるか、選ぶのは自分次第です。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。