洋服を減らす方法。正しく減らせば「あるのに着る服がない」理由もはっきりする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

洋服を減らす方法を紹介します。重要なコツは初めに全体を俯瞰することです。進める順番は次の通りです。

スポンサーリンク

洋服を減らす順番

  1. 洋服をどれだけ持っているかを把握する。
  2. 必要な服の数を割り出す。
  3. 必要な服の数の分だけ、取り出す。
  4. それ以外を処分する。

以上です。これ以上も、これ以下もありません。洋服を減らすことを必要以上に難しく考えて「特別な事」と思うから減らせないのです。「簡単だ」と思えば簡単です。「簡単に選別できる」と考えてからスタートします。

1、服の全体像を把握する

はじめに洋服をどれだけ持っているかを把握します。この時点ではまだ、「捨てる」ことを考える必要はありません。けれども、「持っている事を忘れていた服」は、この時点で処分しても大丈夫です。

2、必要な服の数を割り出す

必要な服の数を紙に書き出します。

  • 春夏秋冬、オールシーズンの別
  • 用途別
  1. 通勤用
  2. 幼稚園、学校、塾、習い事の送迎用など
  3. 趣味用
  4. 休日用
  5. 部屋着、パジャマなど

このとき、分類する項目が増えると服も増えます。できるだけ併用する方が余分な服を持たずに済みます。例えば、「通勤用と子供の送迎は兼用」などです。

3、必要な服の数の分だけ、取り出す

「2」でメモした服の分だけ、手持ちの「1」の服からピックアップします。

4、それ以外(3以外)を処分する

上記「3」で、必要な服を取り出したら、それ以外の服が残ります。残った服は「あってもなくても良い服」です。それを処分します。

しばしば「捨てる服ととって置く服」を決められないのはどうしてでしょうか。それは服を単体で見て全体を把握しないで決めようとするからです。そうすると、最終段階になり「着る服が何もない」という笑えない状況が発生します。

場合によっては「2」「3」の結果、少し不足する服があるかもしれません。実はこれこそが「服があるのに着る服がない」原因です。いらない服はあるのに「場面に適した服が足りていない」のです。こういうときには処分した服があっても買い足す必要があります。服を単体で判断すると、「必要な服がない」ことに気づくことができません。だからこそ、最初の段階で「全体を把握する」事が大切です。

まとめ

服の単体を見ただけでは、それをどの場面で、いつ着るのかわかりません。仮に店頭で素敵な服を見つけたとして、それを着る場所がなければ買っても無駄になります。また、これまで着た事がない傾向の服にいきなりチェンジするのは確率的に無理があります。

「違う自分にチャレンジ」も良いですが、着慣れた服の傾向を保ちつつ、「ほんの少しだけグレードアップ」くらいの方が、活用出来る服になります。

店頭では、その服の雰囲気に合う造りになっています。そのため、つい現実を忘れがちです。「試着室ではすごくよかったのに、家に帰って我に返る」しばしばそんな現象が起きます。

服は理想の自分を作るツールである反面、「本当に着る服」を手に入れるためには、現実を把握したほうがうまくそろえられます。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。