なぜ洋服ハンガーをそろえると服を減らせるのか。洋服ハンガーに投資する3つのメリット。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
sns表示不具合について

feedlyの読者数表示等が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は350前後です。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。
8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

洋服のハンガーをそろえると、服の管理が楽になります。そして、以前よりも服を大事に扱うようになります。そして、服も的確に減らせます。けれども、他人に見られるわけでもない洋服ハンガーにお金をかけることに、ためらいと「お金がもったいない。」と思う気持ちの方も多い事でしょう。

なぜ、「洋服ハンガーをそろえると服を減らせるなどの効果があるのか」について説明します。

スポンサーリンク




ハンガーを選ぶ手間がなくなる

第一に、洋服ハンガーをそろえると、扱い方が「どれも同じ」になります。そのため、ハンガーによって、欠ける洋服を「選ぶ」ための思考を省くことが出来ます。ただ目の前にあるハンガーにかけるだけです。

それに対して、不ぞろいのハンガーの場合、ひとつひとつ「このハンガーには、この洋服」というように、適する、適さないハンガーが発生するので、逐一、考えることが増えます。

つまり、ハンガーを統一すると、「ハンガーと洋服の組み合わせ」を考える手間省けるのです。

「きれい」を維持するモチベーションが上がる

次に、見た目がそろいます。そのため、より整然とするので「もっときれいに整えよう」と、自然に乱雑にすることを控えるようになります。

必要な服をきちんと把握するようになる

さらに、洋服ハンガーを新たに買いそえるために、必要な服が何枚なのかをはっきり意識するようになります。不要な服のためにハンガーを買っては無駄です。そのため、真剣に必要な服を把握する機会となります。

私の場合、洋服ハンガーはコート用の厚手をのぞき、メインで使用しているのはケユカのせんたくハンガーと(現在、販売不明)と、下記のタイプのマワハンガーです。

もう一つの種類はニット用にマワハンガーを使用しています。全部で10本あります。

それから番外編ですが、夫のスーツのスラックスはこちらのハンガーにかけています。バーが太いのでスラックスにハンガーの跡が付きにくいです。かけたり外したりも簡単です。

そしてオフシーズンのスラックスは、省スペースを目的に、こちらを使用しています。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ