「物を減らす」ことも良い。けれども「手間を減らす」ことはもっと重要だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「余計な手間」を捨ててみませんか?物ではなくて「手間を減らす」のです。余分な物を持たないようにすると手入れの手間が減ります。けれども時に不便に感じる事もあります。そこでしばしば私たちには葛藤が生じます

  • 物を使って手間を減らす
  • 手間を使って物を減らす

いずれも何かを減らすという視点は同じですが、前者は手間を減らし、後者は物を減らしています。確かに、室内に物が少ないと掃除が楽ですし、探し物がなくなります。けれども家族などで暮らしている場合には、自分ひとりの価値観を押し付けることはできません。

スポンサーリンク

物を減らすか手間を減らすかは自分次第

例えば、「物を減らすか」それとも「手間を減らすか」と天秤にかけた場合、前者は手間が増える傾向にあります。ただしこの手間はかえって暮らしの楽しみに気付くきっかけになることがあります。

反対に手間が増えて大変になることもあります。後者(手間を減らす)場合は、主にものに頼ることになります。例えば家電という「物」を取り入れて家事の「手間」を解消するというようなことです。

この場合、自分が苦手とすること、得意とすることを考慮して選択していきます。物を減らしていく中にあっても「物を使って手間を減らす方が良い」と結論が出る場合があります。

例えば、最近の我が家のケースでは水切りかごの復活です。いったんは撤去をしてスッキリさせてみたつもりでした。けれども我が家のライフスタイルには不向きでした。そこで水切りかごを復活させた上に、面積を広くするために2つ使用するという形式を選択しました。確実にものが増えましたが、食器洗いの後の始末という「手間」からは解放されたのです。

このように「スッキリ暮らす」方向性の中にあっても、各自の個性や習慣により物を減らすか手間を減らすかどちらが良いかの基準は変化します。一般的な傾向に影響されるのではなく、自分がラクにできると思う方を選ぶことで日々の暮らしはもっと楽しくなります。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。