白髪染め(夫)はヘナ+インディゴで染めています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

夫はひと月に一回ほど白髪染めをしています。現在は私が通販で取り寄せたヘナとインディゴという天然の染料を使って染める作業をしています。この組み合わせはダークブラウンに仕上がります。きちんと染め上がれば、ほぼブラックに見えます。自分で染める方は多いようですが、やはり確実にムラなく染め上げるには別の人間が染める作業をするのが確実です。

この染料を使っているのは、やはり安全性を考慮しての事です。この毛染めは天然の染料です。もちろん、この染料はたまたま安全性が高いものですが、全ての人に無害とは限りません。また、天然であるから安全とは言えない物が、この世の中にはたくさんあります。幸いに、夫にはこの染料が合うようです。

スポンサーリンク

ヘナ+インディゴの毛染めのデメリット

ただし、「安全性が高そうだ」というメリットがある反面、デメリットもあります。それは何といっても私が染める作業に時間と手間をとられることです。拘束される時間は、だいたい4時間程度見なくてはいけません。ざっくり半日はつぶれます。

準備+ヘナを塗る作業 30~45分

夫がヘナを放置して洗い流し次の支度をして戻るまでの時間2時間

インディゴを塗る作業 30分

後片付け15分

※ここで私の作業は完了※

(夫がインディゴを放置して洗い流すまでの時間2時間)

その他、風呂場の床が汚れます。どうしても汚れが付きます。そのため掃除が大変です。準備と後片付けもかなり面倒です。それからヘナはダイソーに売っているそうですが、近くにダイソーがありませんしインディゴは売っていない(多分)ので結局、通販で取り寄せます。

金額は安いか高いかわかりませんが、「安い」というものでもありません。美容院で染めてくれるなら本当はその方が良いのですが、外で長時間拘束されるより自宅の方が気楽なようで、家で染めることになっています。美容院でヘナはともかくインディゴを扱っているかも不明です。

こうした手間をかけても使うのはやはり健康面を考慮してのことです。仕事をしている間は染めた方が良いでしょうが、将来、定年退職になったら、白髪のままでもいいんじゃないかと思っています。

最近は、割安なので4回分がセットになった物を買っています。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。