大事なのはお金ではない。けれどもお金は必要。だから「お金の基礎体力」を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
sns表示不具合について

feedlyの読者数表示等が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は350前後です。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。
8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

生活で大事なことは暮らしの基礎体力を作ることです。基礎体力とは、ずばりお金のことです。「お金で○○は買えない。」という言葉をよく聞きます。けれども、多くは「基盤になるお金がないのに、分不相応な支出でトラブルになる」ことが多いのです。

スポンサーリンク



何をするにもお金は必要

何か思い切ったことを目指しているのであれば、最初に基礎体力ともいうべき「お金」を用意することです。学校でも、会社でも「お金」の話はタブーであるように思われています。友人との間でも、なかなかこの話を真面目にする機会は少ないでしょう。

どのくらいの金額が「基礎体力」となるものであるかは、はじめに目安は「月収の3か月分」を最低でも用意したいものです。この場合の「月収」とは手取り額ではありません。額面の金額です。いろいろ差し引かれる前の金額です。

 必要なお金の基礎体力とは

万が一、自分や家族に何かあっても3か月分のお金をキープすることで、いざというときの備えにするのです。一度そのようにして、「基礎」をキープしたら、後は段階的に増やしていきます。6か月分、一年分、二年分、3年分・・それ以上・・というように、です。

将来、何をするにしてもお金は必要です。その時に必要な分をもっていればすぐに取り掛かることが出来ます。そして万が一何かあっても大丈夫と思えるお守りにもなります。この「基礎体力」をはじめにキープしておくことで、最初に計画的にお金を使う習慣も身に着きます。

後払いにはしない

そして物を買うときには原則、後払いにはしないことです。基礎体力が十分についてからクレジットカードで支払いをするのは構いません。それ以前に後払いにはしないことです。クレジットカードは打出の小槌ではありません。自分が持っている物からしか支払いはできないのです。

何をするにもお金の体力がついてから

そして「財テク」を駆使するのは、あくまで基礎体力をキープしてからです。欲しいものを買い、行きたいところに行くことも、やりたいことにチャレンジするのは個人の勝手です。

けれどもそれには金銭的な支出が伴います。行動にはたいていの場合、お金が伴うのです。行動したい時に体力ともいうべきお金がないと何事も始めることが出来ません。これは、きれいごとではない事実です。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ