「書く」ことの全ては普通の大学ノートで事足りる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 344
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「書く」物に関しては大学ノートに統一しています。自宅内で使うものに関しては種類やサイズを変えずに大学ノートに統一すれば無駄がありません。大学ノートの良さは何といっても価格です。一冊100円前後が普通ですが、5冊セット、10冊セットの物は1冊あたり60円くらいで買えるものがあります。安いからと言って、特に紙質が悪いなどの不具合を感じたことは一度もありません。

ノートや手帳、世の中には多様な「紙物」があります。年末には手帳や家計簿が店頭に並びます。デザイン、サイズが様々です。けれどもサイズなどの仕様が変わると、その都度書き方を変えなくてはいけません。「気分が変わって楽しい」ことがあるようですが、それはどの程度のメリットをもたらしていますか。第一、サイズ違いのノートは、大きいサイズや他の書類に埋もれます。

スポンサーリンク

「書く形式」にエネルギーを使わない

この大学ノートは家族共通です。通販でまとめ買いをしています。そして必要な時に自由に使えるようにしています。このノートは一冊100円以下です。

文具店や雑貨店で買い求めた「こだわりのオシャレなノート」は、値段も高いのでつい、良くも悪くも大事に使いすぎます。

RIMG0004

思い起こせば中学生の頃はノートを一冊使い終わると「次はどんなノートを使おうかな」と「違う種類を選ぶ」ことに楽しみを見出していました。

子供の頃は、他のものと違い文具は文句なしに買ってもらうことができるので、「買うたびに変えること」はささやかな楽しみだったのです。けれども大人になった今、優先するのは効率です。一点ずつ違うノート、サイズ、形式にしたりボールペンで色を変えたりする事に無駄なエネルギーは使いません。ただでさえ「選ばなくてはいけないこと」は日常に山ほどあります。ですから、「ノートを選ぶ」程度の事に余計なエネルギーを使いたくないのです。

市販されている様々な「紙物」のうち、大学ノートと30センチの定規とボールペンで事足りるものはたくさんあります。例えば紙の家計簿はその代表です。年末になると書店で紙の家計簿が販売されます。はじめからいろんな項目が記載されているので、アレンジが利きません。30センチの定規を使いボールペンで線を引けば大学ノートで十分代用できます。自宅内で使うようなものは大学ノートでたいてい、間に合います。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。