朝、目覚ましの大音響でビクッ!と起き上がっていませんか?自然な音の鳴り方をする目覚まし時計を使う。目覚めの音を最適化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

目覚まし時計を毎日使っていますか?でも、急に大音響が鳴って、ビクッとしながら起きていませんか?

目覚め方で一日のフットワークが変わります。「目覚め」で大切な事は何でしょうか。「寝坊しない事」が思い浮かびますね。確かにそうです。そのために目覚まし時計を多くの人が使っています。けれども、その音の鳴り方は自分に合っていますか?

スポンサーリンク

不自然な目覚方は一日のフットワークに影響する

「目覚めさえすればいい。」と思っていませんか?例えば、ある程度の年齢になると、急に目覚めて起き上がることで血圧が急変したり、その他の体調のバランスに影響を与えることがあります。

大きな音を立てれば確かに誰もが目覚めます。けれども、それでは自然な目覚めができません。自然に目覚めることができないと、目覚めても気分も体調も良くありません。

そうすると、仕事でも趣味でも家事でも朝のフットワークがスムーズにいかなくなります。そこで大切なのは、できるだけ「まるで目覚まし時計を使わなかったかのように、自然に近い形で」目覚めることです。

突然、大音響で鳴り響く目覚まし時計は百害あって一利なし

けれども、実際は目覚まし時計がないと、寝過ごす可能性があります。そこで目覚まし時計を起きるための補助として利用するという考えです。

ところが多くの目覚まし時計は、たいてい、大音響でいきなり無機質な音が響きます。それでは「ビクッ」と不自然な目覚め方をせざるを得ません。

けれども良い方法が見つからず、半分あきらめていたというか「そんなもん」な感じで日々を過ごしていました。

「初めは遠慮深げに鳴り始める目覚まし時計」を愛用

ところが数年前の事。ちょっとしたことがきっかけで、今さら「物がまた増える」と思いつつ、子供がらみでトラベル時計を急きょ近くのホームセンターから適当に買って来たのでした。

そして、用が済んだ後、私が使っていたのですが、音の鳴り方がとってもいい!ってことに気が付いたのです。

実はこの時計、突然、大音響が鳴らないようになっているんです。

RIMG0183

初めに、やや低めの音で「ピ・・ピ・・」という遠慮深い音で鳴り始めます。それでもストップしないと、少し大きめの音に代わります。それでも放っておくとようやく大き目の音に代わり「ピピピピ・・」という大き目の音になります。

そのため、ビクッと目覚めなくていいんです。

目覚ましの時刻設定も簡単

そして、目覚ましの時刻設定も簡単なんです。画像のボタンの「進む」「戻る」を押すだけなんです。夜中に真っ暗い部屋で時刻を確認するときは真ん中の大きいボタン「スヌーズ・ライト」を押すと押している間だけライトが付いて時刻を見ることが出来ます。

RIMG0184

一応、トラベル時計なので、折りたたむとファンデーションのパクトみたいになります。でも旅行に持ち出すことはないので、ずっとこの状態です。

さらに、音を1段階低くするためにひと工夫

そして、もう一工夫。私は、もう少し低い音でも起きられます。そのため、音が少し小さく聞こえるように、裏面の音が聞こえる部分を養生テープ(大き目のマスキングテープみたいなものです)を貼ってカバーしています。

そうすると本来の音量の3分の2くらいに抑えられます。

RIMG0185

最後に

現在、この時計は家族に一人1個ずつ用意して使用しています。小さくて場所をとりませんので使い勝手も上々です。

目覚ましが鳴って、突然、ビクッとするようにいきなり起き上がるのは体に良くありません。ですが、従来の多くの目覚まし時計は、「目覚めさせる」ことだけに視点が置かれているようでした。

皆、一様に突然大音響が鳴り響くものばかりでした。そのため、突然目覚めるしか方法がありませんでした。けれども、この時計を見つけてからは、突然、目覚めて起き上がるということがなくなりました。

また、こうしたことは中高年以降の方には特に重要です。突然起き上がって、血圧その他が急変することを防ぐためです。夫にも目覚ましが鳴ってすぐに起き上がらないようにと伝えています。

ちょっとしたことですが、朝の目覚め方、起き上がり方は心身にとって重要な事です。

参考までに。リンク先は楽天です。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。