台所用品のおすすめ品20選。我が家で長年愛用中のグッズを公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

我が家の台所用品を公開します。

私は結婚20年を超えます。長く台所に関わる中で取捨選択した結果、これが残りました。

以前は安いだけの物、高いだけの物、などいろんな物を試したり、大中小のサイズを多数そろえてみたりもしました。けれども高いから良い、評判が良いから良い、安いから良くないとは限らない事を身をもって経験しました。

この品が多いか少ないかは家族構成や調理の頻度にもよります。我が家は3人家族です。現在、夫のみ弁当を持参しています。

(品名をクリックするとアマゾン詳細ページに移動します。)

ボウル

bouru

この2サイズのボウルは10年以上使用しています。

ちなみに柳宗理ステンレスボールは直径サイズが13,16、19,23、27㎝の5種類あります。柳宗理 ステンレスボール フルサイズ 5pcs や柳宗理 ステンレスボール 19.23.27 3pcsなどもありますが、大小つあれば十分です。足りない場合は丼などで代用できます。23㎝は泡立てなど、かなり中身が飛び散りそうなものでも深さがあるので使いやすいです。19㎝サイズはちょこちょこ下ごしらえに使うのにちょうど良いです。23㎝はお椀型、19㎝は洗面器型です。

  • 3 取っ手付きミニボウル

ボウルみに

卵を溶くのに使っています。

弁当作りで卵焼きを作る頻度が高いです。そのため、あえて専用の道具を用意しました。このサイズで卵4個までは入れられます。勢いよくかき混ぜるには3個が限度です。4個では静かに混ぜないとこぼすことがあります。

元々は製菓用品売り場にチョコ等を湯煎する物として売られていました。100円ショップにサイズも素材もそっくりな物が売られています。新たに買うなら100均品で十分だと思います。

ザル

  • 4 取っ手付き小サイズザル

とってつきざる

無印良品で15年前くらいに買いました。一般的な市販品よりも軽くて使いやすいです。当初は一回り小さいサイズも所有していました。数年前に物を見直したとき、こちらのサイズのみにしました。

取っ手がついているので、フットワークが良いです。野菜や1~2人分のパスタなど少量の調理に便利です。

  • 15 ザル 大

以前は、柳宗理のザルを使っていました。正直、ザルは使いにくかったので思い切って買い換えました。こちらは2年くらい前に大手スーパーの家庭用品売り場で見つけました。ステンレス製、日本製です。下に付く部分が上げ底の形状になっています。そのためシンクにおいて湯切りをするとき、ザルの内部の食材とシンクに流れる湯、水と接触しないで済みます。

柳宗理のボウル大は洗面器のように口が広く開いていたため、シンク内で場所をとるし、下の方がフラットに近いため、シンク内で湯切りをするとき気になっていました。このザルに変えてかれ、気になることがなくなりました。

つかむための道具

  • 5 菜箸

saibashi

最近は2~5セットで販売されている物が多いです。でも1セットで十分間に合います。この菜箸が使いやすいのは、ひもで2本がつながっていることです。バラバラになりませんし、引っかけておくこともできます。特にメーカー品ではありませんが、日本製です。

  • 10 トング

ステンレス製24センチくらいのものです。盛りつけなどに重宝します。菜箸では取りにくい物も簡単につかむことができます。麺類の盛りつけにも便利です。

切るための道具

はさみ

おそらく10年くらい使用していると思います。ヘンケルスです。全く刃の手入れをしたことがありません。けれども切れ味は変わりません。

  • 17 菜切り包丁(メイン)

15年ほど使用しているメインの包丁です。これでほとんどの物をカットしています。これでカットできない物はキッチンばさみを使っています。

  • 18 果物用小さめ包丁(サブ)

もともと、ダイソーから買った子供用の包丁です。相当使っていますが、普通に切れます。軽くて扱いやすいので手軽です。100均品は侮れないと思います。

  • 19 パン切りナイフ

10年以上前に知人からもらったものです。パン屋さんの食パンを買ったときに使っています。

(17~19 包丁類は画像を控えました)

菜切り包丁を使用しています。これで肉も魚も切ります。細かいところはキッチンばさみでカットできます。最近は魚をさばく頻度は減りました。スーパーの調理サービス(魚を2枚おろし、三枚おろし、ワタ取りなどをしてくれるサービス)を利用しています。生ゴミも出ないので便利です。

鍋やフライパン付近で使う物

おたまなど

  • 7 おたま

ステンレス製です。柳宗理です。10年以上使っています。以前は同シリーズの小サイズをも持っていました。ミニサイズはなくても間に合うと気がつき、こちらだけを所有しています。

  • 8 フライ返し

こちらもステンレス製 柳宗理です。10年以上使っています。フライの面積が広いのでこぼれることなく扱いやすいです。

  • 9 ゴムべら

無印良品です。以前は木ベラを使用していました。2年くらい使っています。いためものだけでなく、盛りつけしやすいので重宝しています。後片付けの時、シチュー、カレーの後片付けに鍋肌に残さずスッキリ取ることができます。

むく、おろすもの

  • 13 ピーラー

ステンレス製 無印良品です。15年くらい使用しています。未だ切れ味は衰えません。柄が長いので扱いやすいです。

  • 14 おろし器

5年くらい使用しています。金属部分はステンレス製です。オールステンレスを探しましたが、なかなか見つからず、これを使っています。その後、オールステンレスのおろし金を見つけたことがありますが、まだ使えるのでずっと使っています。

計量するもの

  • 11 計量スプーン

けいりょうすぷーん

ステンレス製です。8年くらい使用しています。

スプーンの内側に小さじの印がついています。これひとつで大小さじの軽量ができます。調理にも使えます。同じ物を、もう1本、洗面所の洗濯洗剤用にも使用しています。

普通の家庭料理レベルなら十分です。容器に入れたままで計りたい場合、はじめに空の状態で乗せて「0表示ボタンを押すだけで中身だけの計量が簡単にできます。軽くて薄いので、置く場所にも困りません。表示の文字が大きく見やすいので裸眼でもよく見えます。

その他

ちゃこし

  • 12 茶こし

ステンレス製です。主に生姜湯を作るときに使っています。ショウガをこれで漉すのです。

スポンサーリンク

もしも、もっとミニマムに持つとしたら

もしも、単身で新生活をスタートするなど、よりミニマムで良いのであれば、下記の物で間に合います。

  • 4 取っ手付き小サイズザル
  • 7 おたま
  • 8 フライ返し
  • 14 おろし金
  • 17 包丁

以上の5点です。それと小さいまな板ですね。

さいごに

ある程度料理をするのであれば、今回紹介した20点があれば、ほとんど間に合います。それから必要であれば計量カップですね。ない場合はペットボトルを目安にする方法などもあります。

ボウルが不足したら丼や鍋を使うなど代用できる方法はあります。おたまや菜箸、ボウル、ザルはサイズ違いをたくさん用意したくなりますが、数が多いと収納が大変です。ファミリーでも、このくらいで十分料理が可能です。

素材について

素材はステンレスが丈夫で安全なのでお勧めです。アルミは軽くて安いのですが、酸に弱く身体に良くない説もありますのでできるだけ避けています。プラスチックの場合は耐熱温度を必ず確認しています。100度以上の耐熱性があり、熱湯を掛けても大丈夫なものを選んでいます。

いずれにしても使い勝手には個人の好みもあります。試行錯誤しつつ、何を優先したいのかを大事にしながら必要な物を選ぶようにすると良いですよ。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。