琺瑯鍋は軽くて焦げ付きにくい。ル・クルーゼ20センチの両手鍋とほぼ同じ容量から買い換えて数年経過の実感。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

RIMG0127

無印良品の白い琺瑯の両手鍋を愛用しています。

(残念ながら、現在は取り扱いがありません)この鍋を使う以前は直径20センチのル・クルーゼの鍋を使っていました。けれども10年ほど使用しているうちに内側がはがれてきました。

スポンサーリンク

品物が良くても重いものは家事のフットワークが良くない

ル・クルーゼの鍋は、雑誌で見かける事が多く見た目がオシャレですし確かにおいしく仕上がります。

けれども次第にこの鍋の特徴である「重さ」が気になっていました。古くなったときに「同じ物を買うか」それとも「別の鍋を買うか」検討した結果、琺瑯鍋を選びました。

一口に琺瑯鍋と言っても、様々な種類が出回っています。当時、購入を決心したのは「無印の白い琺瑯の両手鍋」でした。偶然にも、ちょうど、ずっと使ってきたル・クルーゼの鍋と外形も容量もほぼ同じだったのです。

RIMG0128

できるだけ軽い物が使いやすい

遂に、琺瑯鍋に買い替えをしました。初めに感じたのは、やはり「軽いものは扱いやすい」ことです。「軽い」と言っても、ガス台の上に置いた状態は適度な安定感があります。

あまり軽すぎる調理器具はガス台のセンサー部分の突起が反応せずに滑り落ちてしまい危ないことがあります。ただし、当初不安だったのは焦げ付き具合です。

ル・クルーゼの鍋は厚手なので焦げ付かずにふっくら仕上がる利点がありました。ところが実際に琺瑯鍋を使ってみると大きな差はないことに安堵しました。

たとえばカレーやシチュー等の場合は、使用感は同じくらいです。火を止めてから中身の料理が冷めるまでの時間も、大差ありませんでした。

調理の使用感に大差がないのに、重量が軽く扱いやすいので台所仕事が相当、楽になりました。これまではル・クルーゼの鍋は他の洗い物がない状態で個別に洗う必要がありました。

重量があるために、うっかり他の食器に当たり割る危険があるからです。今度からは食器を洗う流れでスペースさえ空いていれば一気に同時に洗うことができるようになりました。

参考までに

似ている商品

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。