クレジットカードを極力使わない生活の方が無駄な支出を減らせますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

クレジットカードを極力使わない生活をしています。

メリットは、家計の管理をシンプルになることです。最近では、クレジットカードをポイント獲得狙いで「あえて使う」人が増えているといいます。

例えば水道光熱費や、電話、携帯電話代などの通信費などの毎月必ず出ていく経費をクレジットカード払いにするという方法です。そうすれば無理に買い物をしなくても「いつの間にかポイントが貯まるので得です」ということだそうです。

確かに、このように堅実的な方法であれば無駄に支出を増やしませんからお得に使う一つの方法でしょう。けれども我が家の場合は、それでもあえてクレジットカード払いを中心にすることはありません。

たまに単発的に使うことや、クレジットカード払いしか選択できないものについて利用することはあります。例えば、帰省や旅行の際に利用する新幹線の切符の購入時などです。これはJRの「えきねっと」というシステムの利用がクレジットカード払いに限定されているためです。これは、ネットで予約をして券売機で受け取るだけ(窓口でも受け取ることが可能)という切符購入の時間と手間を削減するためと割り切っています。

スポンサーリンク

クレジットカードを極力使わない理由

借金であることに変わりはない

クレジットカードを使わない理由はシンプルです。単純に管理が簡単であるからです。もっと言えば余計な支出をしにくくなります。多くの方は「光熱費など、いずれ引き落とされるものくらいは利用した方がいいんじゃないか?」と思うかもしれません。けれども、「クレジットカード」と実にスマートな呼び名ですが要は「借金」です。必要のない借金を「あえてする理由」が思い当たりません。ビジネスの場面では戦略的に「しなくてもよい借金をする」ことがあるそうですが、我が家は普通の一般家庭です。だから、そのような戦略は不要です。「ポイントがつきますよ。」「得ですよ。」と言われても、「必要ないものは必要ない。」だけです。理由はシンプルです。

メリットを提案されても心は動かない

クレジットカードのメリットについては熟知しています。それでもほとんど、使わないのは「他人に支出の内容を把握されたくない」ことが大きいです。もちろん、知られて困るような支払いはありません。それでも、心が動くことはありません。

クレジットカードの利用の瞬間、情報も引き替えに提供している

一度、外部に出した個人の情報は、「流出のリスクがある」と考えて使う必要があります。多くの人が使っているので「考えすぎ」と思うかどうかは各自の判断です。

そして、支出を控えるには心理的要素が大きいのです。やはりカードの支払いは実感が沸きにくいのです。もっとも、「利用明細が出るから家計簿代わりになる。」と言われており、家計簿の記録が苦手な人に利用のモチベーションとなるようなアドバイスがなされていることがあります。けれどもこれは、あくまでセールストークと考えておくべきです。もちろん、嘘ではありません。上手に使えば確かに家計簿代わりになるのは事実です。また、最近はマネーフォワードを利用する人も増えています。これも結局は同じ理屈です。どんなに便利でも外部に情報を出していることに違いはありません。要は利用で受け取るポイントは情報を流す代金のようなものだと考えれば良いでしょう。受け取るポイントが、それに見合っていると判断すれば利用する、見合わないと思えは利用は控える、そのような判断で良いでしょう。

そもそも家計レベルの管理は件数もたかがしれている

そもそも、家計の管理は、件数も金額も「たかが知れて」います。ですから手動で十分チェックできます。もちろん、電卓をたたく事が面倒であればアプリに入力するとか、エクセルで計算できます。家計簿ソフトも販売されています。ただ、家計簿アプリを使う場合は、万が一の流出を考えて収入の入力はしていません。

外部に繋がるものは流出のリスクがある。使わなければその心配も要らない。

外部に繋がっている物は、流出することがあります。そのため、ある程度利用をしてもても全てを入力することはしません。クレジットカードの利用で得るポイントを、銀行の金利と比較してメリットをアピールされえることがあります。確かに、そういう側面はあるでしょう。クレジットカードの利用は、わずかの期間でもキャッシュを長く置くことができます。「その間に運用に回せるから得」という論理も理解できます。ですがやはり「借金」であることに変わりはないのです。

レジでの現金支払いに、もたつかないように工夫している

レジでの現金の支払いは、「時間がかかり他の人に迷惑がかかる」という意見があります。それを考慮して、私はある工夫をしています。どんなに詳細な端数でも、瞬時に最適な現金をレジに提示するワザを使っています。だからレジの人が金額を提示したと同時に、小銭を含めた最善の現金を出し終わっています。つまり、「時間がかかり迷惑」という問題もクリアしています。

交通系電子マネーは現金チャージ

スイカ、パスモなどの交通系電子マネーは、使っています。その際はチャージをするとき以外、キャッシュレスです。コンビニでの少額の買い物にはこれで支払いをすることもあります。

長い間、クレジットカードを極力使わないが、損をしていると思ったことはない

長い間、クレジットカードを最小限しか使わない生活をしています。けれども特に「損をしている」と思うことはありません。反対に巷で言われているように、わずかのポイント欲しさに情報を明け渡すリスクを減らせています。また、支出を実感しやすいので余計な無駄遣いをしないで済むメリットの方が遙かに多いと感じています。

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。