最適なATMでの現金の引き出し方。無駄遣いしないのはどっち?「使う都度引き出す」か、ひと月に一回だけ」引き出すか。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ATMで生活費のための現金を引き出す際、最適なタイミングとサイクルはどういう方法があるでしょうか。方法としては、主に、このようなパターンでしょうか。

  • A  少額ずつ、こまめに使う都度引き出す。(毎日、2~3日、週一など)
  • B ある程度まとめて引き出す。(ひと月に1回、3か月に一回、半年に一回など)

私のこれまでの経験です。いろんなパターンを試みました。結論を言うと、無駄遣いを防ぐ効果があるのは「Bある程度まとめて引き出す。」です。

以下は、なぜ、そういうことになるのか、その理由についてのお話です。

スポンサーリンク

少額ずつ、その都度引き出すケースについて

はじめに「A  少額ずつ、こまめに使う都度引き出す。(毎日、2~3日、週一など)」という方式の場合、どういう現象になるかをお話します。

この方法を利用するメリットとして、「手元に現金を置かない事で、無駄遣いを防ぐ」効果を意識することが多いようです。それがうまく功を奏すこともあります。けれども、私の場合は逆効果でした。

ATMに出向く回数が増える

初めはそう思うのですが、段々「手元に現金がなくなったら引き出す」回数が増えてしまい、結果としていくら引き出しているのかの感覚が失せるので結果として「まとめて引き出す」よりも多くの現金を引き出してしまうという逆効果になってしまいました。

このパターンでは、一回当たりの引き出す額が少なく、ATMに出向く回数が多くなります。そのため、スケジュール的にその預金を預けている銀行ATMではなく、提携銀行やコンビニATMを利用する機会が増えます。

打ち出の小槌錯覚に陥りやすい

となると、段々「財布にお金が足りなくなったら引き出せばいい。」という打ち出の小槌間隔になりやすいのです。当然ながら、自分の口座に入っているお金は有限です。また、使えるお金も限度があります。ところがこまめに引き出す方法をやっていると、トータルでいくら引き出しているのかをいまいち実感しにくくなるのです。

「支出の割り振り」が、あいまいになる

もちろん、ATMでは、引き出した後の預金残高が提示されます。けれども、「今月、使ってよいお金」の日程的な割り振りの感覚が非常に乏しくなってくるのです。

手数料を引かれる機会が増える

そして、預金を預けてある銀行のATMではないところの場合、基本的に手数料を引かれます。もちろん、預金の状況や、提携の状態によっては無料で引き出せる場合もあります。けれども、初めは気になる手数料も、時間的な手間を考えると、どうしても利便性の良い提携ATMを利用しがちになります。そして時間も有料の日に引き出しても「数約円の手数料だから、いいか。」と、段々手数料を引かれる痛みもマヒしてしまうのです。「2」へ続きます。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。