特定のスタイルを示す言葉にとらわれない暮らし方。主役は人。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

常に人の目線を意識した暮らしほど、味気ないものはありません。過去においては「ご近所の○○さんが、こういう車を買ったから我が家も・・」とか「お隣の○○さん家に行ったら、新しくて大きいテレビがあった」と言うようにです。自分が本当にそれを必要をしているのではなく、周囲の「普通」にあおられるようにして物を持つ暮らしがそうです。

スポンサーリンク



「持たない」もまた、流行でもある

ところが最近は、その反対の現象が起きているのではないでしょうか。つまり「最近、雑誌で見る人気の部屋には物が少ない。だから私も同じように物を減らそう。」そんな感じです。物を減らすことに、当人が必要性とメリットを感じているのではなくて、「持たない流行」に無理をして合わせるような、そんな感じです。

言葉が持つイメージにとらわれ過ぎない事が大事

特に、最近注目されているミニマリストという言葉の持つイメージは強力です。「そういう傾向を良しとして暮らしていますよ。」という程度の方は多いと思います。ところが白か黒をはっきりしないと気が済まない、「ミニマリストならこうあるべき」と、言葉が持つ意味に対する忠誠心が大きすぎる例もあるようです。

どんな考えや方針、価値観を指示していても、融通性がなく、「こうあるべき」と言葉ありきになってしまう方針は危険です。車であってもハンドルやブレーキには必ず「あそび」が施されています。どんな場面であっても、それは同じです。

100%、言葉が持つイメージに沿って暮らす必要はない。主役は人。

ミニマリストという言葉の扱いもそうですが、他の言葉にしても、考えでも、それに携わる人が教科書通りに行くわけではありません。人は生身の生き物です。一人で生きているわけでもありません。ですから常に100%の完璧に言葉通りに暮らすなんてことはできる人とできない人がいるんですよね。

完璧には行かなくても、幸せになりたいから言葉のイメージを活用する

そもそも、みんな楽しく、幸せになりたいからその軸となる方針としてミニマリストという言葉に注目しているということです。様々な人がいて、いろんな暮らし方の事情や家族や環境があって、必ずしも理想通りに完璧に整えることが出来ない場合もあります。

完ぺきではないからこそ暮らしは楽しい

けれども、完璧ではない、これで終わりという事がない。だからこし暮らしは楽しく奥が深く面白いんですよ。私の場合もそれは同じです。余分な物を持たない暮らしを良しとして、理想とはしています。けれども「何が何でも」と頑なになることは好みません。常に反対の方が良い可能性も視野に入れつつ、今、可能な範囲でゆるく取り入れていく。そんな余裕とゆとりのある気持ちで暮らしたい人もいるのです。

世の中も人の価値観も常に変動するもの。永遠はない。

一時は「これはすごい!」と思っても、時の経過で周囲や自分は変化する物です。そういうときに、これまで「これはすごい!」と思っていた価値観や概念が180度変わる事は誰にでもあり得ます。1つの言葉が持つイメージに支配されたい人は誰もいないはずです。自由に必要に応じて扱う側になりたいはず。

柔軟性を持って共に暮らしていく

ところが「こうあるべき」に縛られてしまうと、主役は時分ではなく言葉が持つイメージになってしまいます。それでは本末転倒ですよ・・ね。何事も柔軟性を持っていろんな人が一緒に暮らしている事、それを忘れないようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ