物を減らすと「貧乏と思われるかもしれない」という恐れに対する向き合い方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 344
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

「ミニマムライフを始めてみたい。」

「スッキリした暮らしをしたい。」

けれども、その実態をいろいろブログで検索して下調べをしてしまうのはどうしてでしょうか。他人や家族に迷惑を掛けたり、いやがられたりしない範囲なら、物の持ち方、行動の範囲は本来、自由です。ところがついつい、人の目を意識してしまう・・。その理由は「物が少ないと、貧乏と思われるのではないか?」という恐れです。

スポンサーリンク

少ない物で暮らしている人に、経済的な共通点はない

実際に、少ない物で暮らしている人には、経済的な共通点はありません。所得の多い人もいれば、中間くらいの人もいれば、控えめの方もいます。そして、所得の差と少ない物で暮らしている理由にも共通点はありません。軸にあるのはその人の価値観です。

「物が少ないと貧乏」という誤った価値観の理由

なぜ、物が少ないと貧乏と思われるおそれがあるのでしょう。それは、人の長い歴史の大部分が、そうだったからです。日本でも、つい数十年前まで、そうでした。多数の物を自由に所有することができるのは、経済的に余裕のある人だけに実現できることでした。経済的にゆとりのない人は、物を持つことができない時代が人の歴史の大部分を占めてきたのです。

人の長い歴史の古い価値観は簡単には消えない

ですから、そういう記憶を実際に経験している年齢の高い人ほど、物を減らす事に恐れをなします。同時に、どんな理論を並べられても「物を持たない人は貧乏である」という概念が消えません。そしてその下の世代である私たちも、やはり多少はそういう名残を受け継いでいます。

最近は、物や情報を得る対価は大きく変化している

ですが、ここ最近、特にインターネット、デジタルものが普及してからは物に関する価値観は次々と覆されています。また、昔は情報を得たり、遠く離れた地域の人の考えや行動を知ることはコストがかかりました。本を読むことでさえそうです。

ところが現代は違います。ほとんどの人が、低コストで様々な他者の考えや、情報、価値観を知ることが可能です。そのため狭い自分の周辺だけの価値観に縛られることがなくなりました。そして、たくさんの物に囲まれなくても自由に生きている人がたくさんいることも簡単に知ることができます。

自分がそう思うから、「他者もそう思うのでは」という恐れを抱く

そして、「物を減らしたら、貧乏と思われるのではないか?」という恐れの根底にある最大の原因は、自分にあります。人がどう思うか以前に、自分が少なからずそういう価値観を抱いていることが原因です。つまり「物を少ししか持たない人は貧乏に違いない。」同時に「貧乏な人は見下すべき対象」という考えです。

まずは自分の根底にある価値観を見直してみよう

薄々、そういう考えが自分の根底に潜んでいることこそが原因です。ですから、「物を減らしたら貧乏と思われるのではないか?」という恐れがあって、ミニマムライフのスタートを躊躇しているのだとしたら、まずは自分の価値観を見直してみることが重要です。

「他人からの視点を恐れて、行動を躊躇している自分」とは、つまり、自分が他の人をそういう視点で見ている部分があるということ、です。ところが知らず自分かわいさに他者のせいにして心の中で言い訳をしてしまいがちです。

心の中で、他者のせいにして、自分の心を守ること自体は良くない事とは限らない・・が、

「心の中で、他者のせいにして、自分を守ること」それ自体、実は良くないこととは限りません。自虐感にさいなまれるよりは、「心の中でだけ、他者のせいにして自分を守る」ことは時に必要だからです。

「少ないもので暮らす人が貧乏とは限らない」事は何より自分が知っている

けれども、時にそれが本質を見失ってしまうことにもつながります。ですから、ちょっとだけ注意も必要です。

「少ない物で暮らしている人が貧乏ではない」事は、何より自分が知っている事ですよね。だからこそいろいろなメリットと魅力を感じて興味を抱いているのですよね?でしたら、恐れずに小さな所からでも良いので始めてみませんか?

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。