ホットカーペットを切り忘れない6つの方法

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売・予約開始中

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ホットカーペットの切り忘れで困っていませんか?私は以前、帰省のために外出しようとしてから、ホットカーペットの電源を切った自信がなくなり、結局家に戻った苦い経験があります。仮に外出してしまっても、当日中に戻れるなら良いのですが、数日家を空けるようなときは本当に困りますよね。

今回は、ホットカーペットの電源を切り忘れない方法と対策をまとめてみました。もちろん、その他の小型家電などにも同様に利用できます。

スポンサーリンク



小型家電の電源を切り忘れない方法と対策

1・自動電源のオフ機能の製品を買う

対策というか、これが一番確実で簡単です。この機能がない物より割高ですが、安全性を考えれば元が取れます。ただし、過信せず、必ず確認する癖はつけたほうが良いでしょう。

2・電源オンオフタイマーを使う

既に自動電源オフ機能のない製品を使っている場合は、設定した時間になると自動で電源を切ってくれるグッズを使います。ただし設定を間違えたり、設定するのを忘れると意味がありません。

こちらで紹介した物が便利です。

もうスマホの過充電を気にしない。シンプルで使いやすい優秀小型家電を紹介します。
保温のための家電類を使う季節に気になるのは「電源の切り忘れ」です。いちいち、電源の事を気にしながら暮らすのは効率的ではありません。「覚えてお...

3・キッチンタイマーなどを使う

ホットカーペットの電源を入れたら、必ずオフにする予定の時刻にキッチンタイマーが鳴るようにセットします。スマホのアプリを利用しても良いでしょう。ただし、設定するのを忘れると意味がありません。

4・コンセントや電源部分を見えやすいようにしておく

切り忘れてしまうのは、電源のオンオフ部分や、コンセント部分が見えにくくなっていることも原因のひとつです。こたつなどを使っているのであれば、こたつぶとんが隠れないように位置を少しずらしたり、向きを変えて見えやすく工夫します。コンセント部分が見えにくいならば、延長コードを利用するのも良いでしょう。

5・玄関ドアの内側に貼り紙をする

玄関ドアの内側に、メモ書きを貼っておきます。

例:電源切り忘れ注意!

  ホットカーペット

  炊飯器

  エアコン・・

という感じです。

6・スマホで撮影、声に出して指さし確認

長期間の外出前はスマホで撮影

これは、以前、苦い経験をしてから、実際にやった方法です。「あれ?電源切ったかな?」と自信がなくなったとき、コンセント部分などをスマホで撮影します。不安になったらそれを見て確認します。また、撮影することで、再確認することになります。

声に出して指さし確認

また、念には念を入れて、電車の運転士さんのように「声に出して指さし確認」も効果があります。「ホットカーペット、電源オフ、よし」みたいに、指さしして声に出しながら確認するんです。

ウソみたいですが、効果があります。「あれ?切ったかな?」というとき、黙ってオフにしたことは無意識レベルでやってしまうので、記憶に残りにくいのです。けれども、声に出して指をさしたことは、記憶をたどると明確に思い出せます。

 さいごに

外出してから電源を切ったかどうか気になると本当に落ち着きませんよね。些細な事ですが本当に忘れていたら一大事になることも。特に冬は暖房などを使う機会も増えます。帰省で家を長く空ける機会も増えます。余計な心配をしなくて済むように、ちょっと対策をして安全に安心して過ごしたいですね。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ