冬の室内干しの光景に悩んでいませんか?洗濯は夜でも良い。洗濯は朝という思い込みを捨てる。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

冬になると、室内干しをする方も多いと思います。そこで問題になるのは室内干しの光景です。洗濯物があると雑然とした雰囲気になります。急な来客にも慌てますよね。

そこで提案です。いつも洗濯を朝にやっていたならば夜(ご近所の迷惑にならない時間内で)に変えるだけです。日中は家に人が居たり居なかったりします。けれども夜であれば必ず人が居ますよね。同時に暖房を入れるはずです。

暖房を入れると、部屋が乾燥します。ただでさえ冬は乾燥します。そこで「夜に洗濯」の出番です。夜に洗濯をするだけで、こうした微妙な問題が解決します。

スポンサーリンク



日中の室内干し→夜の室内干しのメリット

  • 夜に来客はないので慌てずに済む
  • 加湿器代わりになる
  • 朝の時間にゆとりができる

急な来客があるのは日中に限るのが普通です。夜間に突然、人が来ることはまれですよね。少なくとも他人に洗濯物の室内干しを見られずに済みます。

特に夜間は暖房のせいもあり乾燥します。加湿器を使わなくても洗濯物を干すことで加湿になります。

朝は忙しいので洗濯が省かれるとじかんにゆとりができますよね。

もちろん、特に集合住宅の場合は、近隣の部屋に迷惑のない時間帯であることが前提ですが、朝ではなく夜に洗濯の時間帯を変えれば、忙しい朝にゆとりができます。

「洗濯は朝」の習慣は、もともと専業主婦が当たり前だった時代の名残に過ぎない

洗濯は朝にするという世間一般の習慣は専業主婦が当たり前だった時代の話です。その頃は洗濯物を干すと言えば外に干すしか方法がなかったのです。だから朝、洗濯をして午後に取り込むの流れが一般的だっただけなのです。

ところが、時代はすっかり変わっているのに、未だに洗濯は朝にするということが当たり前になりがちです。今は便利な家電もあります。そして冬は暖房で部屋が乾燥します。なので室内に干すという作業や光景は、初めは戸惑うかもしれません。

状況に応じて家電の力も借りる

けれども現代は違います。部屋を乾燥させる家電もあります。そうしたものを状況に応じて取り入れてもよいのです。洗濯は朝という常識をいったん疑い、その必要性を検討してみます。

そうすると、洗濯を朝に行う理由は、単に午後のそんなに遅くない時間端のうちに取り込むことができるという前提がベースになっています。同時に、それしか選択肢がない場合です。

家事の時間帯は、自分の都合に合わせて自由に調整しよう

現代は、状況が許せば家事の時間帯は自分の都合似合わせて自由に調整できるのです。場合によっては乾燥機などの家電を思い切って取り入れたり、稼働音が静かな洗濯機を使うこともストレスなく効率的に家事を行うための立派な投資になることもあります。

例えばフルタイムで仕事をしている方にとって、日中の外干しによる洗濯はかなり難易度が高い物になります。また、夜に洗濯をしたくても洗濯機の稼働音のために早い時間帯にしか使えないということもあるでしょう。今は稼働音が驚くほど小さい洗濯機が販売されています。そういうものがあれば洗濯の時間帯による縛りがなくなりますよね。

つまり、家事の段取りや手間は、もっと自分流にアレンジしても構わないってことです。発想を転換してみると例えば洗濯の時間帯を買えるだけで、家事の悩みが解決してしまうこともあります。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

アドセンス・関連コンテンツ