冬の服。襟元を汚さない工夫で長持ちさせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

アウター類はシーズンオフにクリーニングに出すまで洗濯をしませんよね。けれども素肌が直接当たる首回りは皮脂がつきやすいですから汚れやすいのです。

スポンサーリンク

保温とオシャレを兼ねた薄手のスヌードが便利

そこで、その対策として、襟周りに直接素肌が触れないように注意をしています。アウターを着るときに、タートルなど首元が覆われていない服の場合は、必ずストールなどを首に当ててからアウターを羽織ります。

寒いときであればちょうどマフラーでも可能です。けれども、最近は真冬でも日中は暖かい事が多いですね。ですからマフラーでは暑くなることがあります。というわけで私の場合は薄手のストールを使うことが多いです。

RIMG0344

真冬でも厚手のマフラーではなく、薄手のストールなどが扱いやすいです。今シーズン買ったのがこちらの薄手のスヌードです。
RIMG0345

黒ですが、透け感もあるので、アレンジしやすいです。長さを変えると印象が変わります。もちろん、本来は冬用ではないので、春秋の微妙な季節にも使えます。シンプルな服でも、首回りにちょっとした立体感を施すと印象が変わるので重宝します。

薄手のストール(スヌード)の良いところは、外してもかさばらないことです。スヌードであればあまり巻き方などを考えずに長さを調整するだけで良いので巻き方の工夫などを考えずに済みます。

特に、今年の関東地方は、比較的暖かい日が多いです。私はまだ一度も本格的なマフラーを使っていません。暖かい冬は過ごしやすいです。その反面、思ったよりも気温が高くなり汗をかいてしまいます。そうすると首がむき出しのままでは、アウターが汚れやすくなります。

アウターそのものを洗濯(クリーニング)は頻繁にできません。そのため、こうした薄手のストール類を活用して、アウターが汚れにくくして服を長持ちさせるようにすると良いですよ。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。