服を減らすコツ。「あるから着る。」ことに気づくことから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

服を減らせなくて困っているとすれば、まずは「あるから着る」ことに気付くことがポイントです。「ある」からこそ、何とかして気に入っていなくても無理をしてでも着ようとするのです。それは「私の買い物が間違いだった。」とか「無駄な買い物をした。」ことをスルーするためです。

スポンサーリンク

残す服の原則は「絶対に必要」と「予備」だけ。

本当は、薄々気づいているはずです。「これは絶対に必要。」「これは、あってもなくても良い。」「汚れた時の予備に一応キープしておかないと。」など。

  • 絶対に必要
  • 予備にキープ

残しておくのはこの2種類で良いのです。

「予備」の見極め方

迷うのは「予備にキープ」でしょうか。これは「絶対に必要」だけでは足りない部分を補う服です。つまりは実質的には必要ですが、どれも「お気に入り」「ときめく」という服ばかりじゃないと思います。「ときめかない服を全部処分したら、暮らすのに十分な服が足りない。」ってことはあり得ます。

私の場合も、「ときめく服」は、そうそうありません。なので、それを補うための服ですね。

はじめに数より量を意識する

服についてはよく「数」を重視する話を見聞きします。私も以前、服を頑張って取捨選択していたころはそうでした。けれども次第に「数」を重視するというのは、あまり意味がないという事に気づいたのです。

目安は数よりも「量」のイメージです。自分の住まいのクローゼットなどの収納スペースに無理なく収まる量が適正量です。

不安なら不要服を別の場所に保管して試験的生活を

いきなり処分するのには抵抗があるでしょう。その場合、まずは上記の候補だけを残し、家の中の別の場所に保管してしばらく試験的に生活してみます。それで「大丈夫」と思えば、安心して処分できます。途中で「やっぱりこれは必要」と思えば、分けた場所から持って来れば良いだけの事。

こうして、一度、試験的に目の前に「過剰にない」状態で生活をしてみます。すると案外、「なければないで、何とかなる」事に気が付くし、少ない服でも十分に暮らせる確信を持てます。

どうしても数で調整するなら。

数は問題ではないのですが、しいて言えば目安としては、通勤で毎日違う私服を着るならば週5日勤務ならば必要に応じて3~5セット+プライベート用が2~3セットもあれば十分でしょうか。ただしこれに季節が関わるとその分、数が増えやすくなります。

あとは、毎日違う服装をする必要がなければ、洗濯をして乾くまでのサイクルに合わせます。最低は2セットですが念のためプラス1~2セットが目安ですね。

季節に対応するにはベースになる服に羽織物やレイヤードスタイル(ただしコーディネイトを要検討)インナーで調整すれば多くなることを予防できます。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。