1万円のノーブランド品vs10万円のブランド品の小物。本当に安い買い物はどっち?

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

購入時は高額でも、長い目で見れば安い買い物になる種類のものがあります。例えば、人気のブランド品や金、銀、プラチナなどの貴金属のアクセサリーです。一般に節約のために、できるだけ安い物を買うのが常識のように思われています。

スポンサーリンク



買うときは安くても、最終的にブランド品より高くつくことも

例えば、量販店で買った、無名メーカーの1万円のバッグは手頃です。けれども買った瞬間に、単なる中古品となり、すぐにリサイクル店の持ち込んでも良くて1,000円、下手すると500円とか300円くらいの引取になるでしょう。また、メッキのアクセサリーも同様です。数千円のアクセサリーは購入価格は手ごろですが、おそらく消耗品のようなもので、程度やデザインにもよりますが、数年経た後に買取価格がつくことはないかもしれません。

ところが、本物の金、銀、プラチナのアクセサリーであれば、かなり事情が変わってきます。購入価格はかなり高いですが、こうした貴金属は、そのときの相場によって変動しますが、基本的に状態に関係なく貴金属の価値として買取してもらえるケースが多いようです。

そのため例えば10万円で買った金のネックレスが、10年後に相場によっては12万円の買取になることもあるだろうし、8万円の買取になることも、5万円になることもあります。けれども少なくとも5,000円にしかならない・・ということは現状の場合ですがあり得ないですよね。

それに対して、1万円で買ったメッキのアクセサリーを10年後に売っても買取価格はゼロです。つまり、安くて金銀プラチナなどでもなく、ブランド品などでもない場合は、買うときは安いですがそのときの出費が戻ってくることがありません。

そして、何より高額品を買った場合は、普通は良い気分になることでしょう。本来は、そうしたことに惑わされないのが理想です。けれども普通の人は、高価な物や、ブランド品を持てば、気分が左右されるものです。

つまりはブランド品、確かな貴金属とは、使用している間は良い気分になり、ある場合は自分に自身を持つツールになります。それだけではありません。不要になった場合、買取価格が高額なので、購入時の出費の一部が実質、戻ってくることがあるのです。

つまり、高価な買い物は、必ずしも見栄や虚栄心のためではなく、長い目で見て単なる支出で終わらせないための買い方としてとらえることが可能なのです。

例えば先日、オークション代行業者に、不要になったものをいくつか依頼しました。
http://kurase.com/2015/10/17/huyohinsyobun-daiko/

いずれも、ブランド品、もしくはメーカー品でした。中でもルイ・ヴィトン品は、購入してから数年~十数年経ているにも関わらず、良い価格で売れました。(と言っても、落札相場程度です。)

もちろん、購入当時の価格を上回るには至りませんが、使用回数、経年などを考慮すれば、ほとんど購入価格の元をとったといっても過言ではありません。

これに対して、数千円~2,3万円で購入したノーブランド品は、購入価格は手ごろですが、このように数年経ても売れることは、ほとんどありません。

ということは購入価格は安くても、トータルで見れば、出しっ放しの支出ですから本当の意味で安い買い物とは言えないのです。

それに対して、ヴィトンの小物類は、購入価格は高いですが、数年経ても売れて収益を得る事が可能でしたので、結果として安い買い物だったと痛感しました。

もちろん、これらには運もありますし、タイミングや流行も関係します。けれども、買い物というのは、買った瞬間の支出のみに注目するのではなく、手放すときのことまで考慮することで、本当の意味で「安い買い物」を見極める必要があります。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ