ミニマムライフなのに、3人家族の我が家に時計が15個ある理由とは。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

数年前から、余計な物を持たない暮らしを心がけています。けれども時計だけは、年々、増えました。改めて数えてみたら全部で15個ありました。内訳です。

  • 腕時計 3個(一人1個)
  • 掛け時計 2個(リビング、子供の部屋)
  • 置き時計 7個(玄関、リビング、ダイニング、台所、洗面所、トイレ、子供の部屋)
  • 目覚まし時計 3個(トラベル用小型時計を一人1個ずつ使用)

腕時計や、目覚まし時計はともかく、それ以外の時計は、「他の時計で兼用できるんじゃないの!?」という声が聞こえそうです。確かにそう。それでもこれらの時計を減らすつもりはありません。

スポンサーリンク



時計の数がマキシマムの理由

家族全員、視力が良くない

家族全員、視力が良くないのです。そのため、掛け時計や置き時計を遠くから見てわかる状況にありません。めがねを掛けているときは別ですが、家の中ではめがねを掛けていないこともあります。そんなときでも、どの部屋にいても時刻が気になったときは、即、確認できる状態が重要なのです。

目覚まし時計の最善の音を選んだら、別にする必要があった。

寝起きに聞こえる目覚まし時計は、スマホでも、他の時計でも代用可能ですね。それでもあえて専用の目覚まし時計を使っているのには理由があります。

  • 時刻設定のしやすさ
  • 夜間の時刻確認のしやすさ

です。

目覚まし時計について

実は、すでに他の場所で使用している置き時計は、いずれもアラーム機能付きです。ですがこれらは音が気に入らないのでした。3人同じ物を使っている目覚まし時計ですが、いきなり大音量で鳴らずに初めは遠慮深く鳴り始めます。そのまま止めないでいると少しずつ音量が大きくなります。同時に時刻設定をしやすく、夜間に時刻を見たいときにも使いやすいのです。

その場を離れずに時刻を確認したい

  • 洗面所では、着替え中に時刻を確認しに他の部屋に行くのはためらいます。家族でもそういうマナーは必要ですよね。
  • 台所では、調理中に離れられない事が多いですから、時計があると便利です。
  • 玄関では、最適なタイミングで家を出るのに便利です。腕時計を見ればいいじゃないかと思うかもしれませんが、子供と私は最近まで腕時計をしていませんでした。

家族全員、時間に几帳面

家族全員とも、時間には几帳面です。家の中に時計が多いのはそうした気性も多少は関係あるかもしれません。

時刻をすぐに確認できるデメリットは思い当たらない

特にお勧めする話ではありませんが、時計は物ですが、時刻をすぐに確認できる状態は、メリットは多いですがデメリットはほとんど思い当たりません。

時刻をすぐに確認できると時計の数はマキシマムでも、他のことがミニマムになる

物の数としてはマキシマムですが、時刻をどの部屋にいても即、知ることができると、行動に無駄がなくなるので結果としてはミニマムライフに繋がります。具体的には、一例ですが「外出するまでに3分ある。この間にちょっと、これを片付けておこう。」というような事ができるようになります。その積み重ねが馬鹿にできないと実感しています。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ