服のテイストに迷いが来たら意識する1つの大切なこと。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第3刷決定

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

服選びで迷うのはテイストです。最近は、「似合う」を選択基準にした方法が注目されていますが、それより特に女性には重要な事があります。それは「幸福感」です。その服を着て「幸せそう」に見えるかどうか、です。

スポンサーリンク



女性の服選びの方向性に抜けている、1つの重要な要素とは

最近は流行の骨格診断による「似合う」を基準にした選び方が注目されています。けれども「似合う」服が必ずしも自分が「着たい」服と一致しないことがあります。同時に雰囲気的に時代にマッチしないことも。

同時に「スタイルよく見える」「やせて見える」「流行に乗って見える」「オシャレに見える」など様々な「こう見えたらいいな」の方向性が山ほど提案されています。けれども、それらには、1つ重要な要素がストーンと抜け落ちています。

それは「幸福感」です。20代以下くらいの頃は、とかく自虐的ファッションに走りがちです。けれども服は自分のために着る場合と他人のために着る場合があります。そして、着る服によって「自分とはこういう人間である」と、相手にも自分にも暗示をかける役割があります。

人は着ている物で、自分も他人も「こういう人」と思う

つまり、「幸せそうに見える服」をまとうことで、相手に余裕を感じさせ、自分も心が軽くなり、不思議に行動もそのようになっていく現象を甘く見てはならないということです。「本当の自分」なんてものは実は幻想です。

休日に、いつまでもだらだらと部屋着で過ごしていると「だらしない自分」を感じます。時間が経過するほどに「だらしない自分」を意識してそういう人間なのだと勘違いします。ところがきちんと身支度を調え、服装を整え、早い時間に行動すると、「きちんとしている自分」を意識します。このように、着ている服は大いに自分の感情にも、相手の感情にも影響します。

服選びで迷うのは「他人のために着る服」

服のテイストで「迷う」のは、多くの場合、他人のために着る服です。他人のために着る服は、何を基準にすれば良いのか。「骨格診断」を受けたけれど「これが似合います。」と言われた服が好みではない。そういうとき、ブラックフォーマル的な場面をのぞけば、重要なのは「幸福感」です。

幸福感を基準に選べば、従来の「迷い」がかなり取り去ることができる

「幸福感」を出す事を念頭におけば、多少のブレや迷いがかなり、取り去ることができます。20代くらいまでであれば、適当に服を選んでも、肌や髪の毛のハリ、ツヤが自ずと意識しなくてもはつらつとした生気を感じさせるために「幸福感」がにじみ出ます。

ところが30代あたりから、これが徐々に失われていきます。服か小物、化粧などでカバーしていかないといけなくなってくるわけです。

いわゆる女性が「女子受け狙いの服」をまとうと、たいていの場合「幸福感」と相反する

ところが、その渦中でうっかりやってしまいがちなのは(女性が)、いわゆる「女子受け」を狙った服です。女子受けする服とはだいたい、女性が持つふんわりした感じ、優しい感じを封印するような物がなぜか人気です。「女子受けを狙わないイコール男性にこびる服」という短絡的な発想では断然ありません。

そして、幸福感と女性らしさの演出に、必ずしもフリルやレースやリボンなどの「フリフリ」を持ち込まないといけないわけではありません。迷ったならば「幸せそうに見える?」と問いかけるのも一つの手です。

なぜか女子受けを狙うと幸福感とは反対の方向性に行く傾向がありがちです。そこで、いったん「女子受け」を脇に置いて、「幸せそうに見えるかどうか。」で服を選んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ