服を買うよりも重要な「捨てる」に最も重要なタイミングとは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

多くの人が服を処分したい、減らしたい、と思っています。けれども迷うのですよね。

何をどう減らせばよいのかわからないですか?

  • どのくらい減らせるのか?
  • どのくらい残せばよいのか?
  • どれを減らせば良いのか?
  • いつ、減らせば良いのか?

服を処分する方法として、いっとき「ときめき」具合で選ぶ方法がブームになりました。これは確かに効果があったと思います。けれども、

  • どれも「ときめかない。」ので、全部捨てたら着る服がなくなる。かと言って、総入れ替えなどできない。
スポンサーリンク

季節を利用して服を処分する

この場合、簡単で確実な方法があります。それは「季節」を利用することです。まず、今の時期でしたら季節は秋のはじめです。ようやく暑さが落ち着きました。日本には、ちょうど「衣替え」の習慣があります。最近は完全に10月1日から一斉には必ずしも行われなくなっていますが、今年は普通に秋の装いでも良さそうな気温です。

すると、もう夏の服を着る機会は来シーズンまでありませんよね。となれば、春夏の服について、今シーズンは一度も着ないか、出番があまりなかった服がどれなのかわかります。そういう服を処分すれば良いのです。

  • 今シーズン全く着なかった
  • 今シーズンほとんど着なかった

まずは、この服を手放してみませんか?

ときめく、ときめかない選択方法の場合、「ときめく服」が少な過ぎると更に「どれを残すかわからない」事態に陥りがちです。けれども、「今シーズン着なかった服」なら出番がないことがハッキリしています。さらに「なくても困らない」証明でもあります。

同時に、こんな服も、ついでに手放せませんか?

  • 今シーズン、何度も着すぎて劣化が激しい服

この調子で、自分の服だけでなく家族の服も処分すれば、かなりの数を減らせるのではないでしょうか。ただし、家族の服は必ず本人の了解を得てからにした方が良いですね。(幼い子供以外は)

服の処分は季節の終わり頃が最適

服の処分はタイミングが重要です。真夏に真冬の服は気分的に暑苦しいので捨てすぎてしまいます。真冬に真夏の服も気分的に寒すぎるので捨てすぎてしまいます。そのため一番良いのはシーズンが終わった直後のタイミングなのです。

シーズン終わりの直後ならば、季節感の感覚のずれが生じません。冷静に「今」を見据えつつ、確実に不要な服を見極められます。

スポンサーリンク
ブログ村テーマ
ブログ村写真バナー

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ




sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。