「寒がり」を解消すれば、余分な服を減らせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

秋冬専用の服や小物が物を増やす

秋が深まると「あったかい」がキーワードの服や小物が目につき始めます。確かに、夏は暑く秋冬は寒いです。けれども寒いからと言って、ひたすら「暖かさ」を追及していくと元には戻れなくなりますから注意が必要です。そして秋冬専用の「あったかい」服や小物は、余分な物を増やす原因になります。(画像はイメージです)

※もちろん、住んでいる地域の気候や、体調、体質の違いがあります。「あったかい」服や小物で補う必要がある場合はそれを優先してください。

「たいして寒くない地域の人の方が厚着」の理由

けれども、私の主観かもしれませんが、こう感じています。それは「たいして寒くない地域の人は厚着の傾向が大きい」ことです。反対に、寒い地域に住んでいる人は予想外に薄着の人が多いです。

推測ですが、寒くない地域の人は「寒い」と少しでも感じた瞬間に、思ったままに厚着をしても、たいして困らないからです。そののち、真冬が到来しても、寒さマックスの気候や気温もたかが知れているからです。だから、早いうちから厚着をしても、真冬にそれ以上厚着が出来なくて困るということが起こりにくいのでしょう。

スポンサーリンク

寒い地域の人が秋や初冬に厚着をしない理由

それに対して、寒い地域の人は違います。あまり早いうちから厚着をすると、本格的に寒くなった時に寒さに耐えられずに困ります。そのため、まだ秋口程度や冬の初めは防寒もほどほどにしています。厚着をしません。厚着は本格的な真冬になってから「耐えられない寒さ」になるまでとっておくイメージです。

一度、保温製の高い服を着てしまうと元に戻れない

身体は良くも悪くも「慣れる」ものだと痛感します。いつも保温性の高い服や小物を身にまとうと、そのあとはそれなしでは寒くて過ごせなくなります。もちろん、限界だと感じたら無理せず保温できる対策を優先しますが。けれども「まだ耐えられる」程度ならば多少は「ちょっと寒いかも」位のほうが汗をかくこともなく快適に過ごせます。

厚着をすると汗をかき、身体を冷やすこともある

寒いからと厚着をすると汗をかきます。すると汗で体が冷えてかえって寒くなる、体が冷えるという逆転現象が起きます。夏は汗をかいても外気温が暑いので冷えるという事はありません。ですが秋冬に汗をかくことは致命的です。できるだけ避けます。

特に外出時は温度調整をしやすい服装で

外出するときには温度調整をこまめにできるようにしていきます。例えば、首元のマフラーはあまり大きすぎるものや厚手の物は避けます。なるべく、薄手でコンパクトになり、暑い時には外してバッグにしまいやすいサイズ感のものにしています。また、アウターは暑くなったら前を開けるなどして、「ずっと同じ」でいないように注意しています。

それから、最近はアウター自体、厚手の物を着ないようにしています。朝など、出先に寒い時には中に薄手のカーディガンを一枚着て行きます。そして日中、暑く鳴ったならば、その中に着たカーディガンを脱ぎます。コートを脱いで腕にかけておくのは大変です。けれどもカーディガンなら、うまくすればバッグにしまうことができます。腰に巻いておくこともできます。

秋冬に汗をかかないメリットは他にもある

このようにして、できるだけこまめに温度調節をします。とにかく汗をかかないように注意します。汗をかくと、秋冬の服は洗濯をしにくい物が多いので手入れも大変になります。

汗をできるだけ書かないように、こまめに温度調節をすることで、服を汚さない、体を冷やさない、寒さに耐えられるようにするという事で余分な秋冬服、小物を買う頻度も減らせます。何より健康に良いので気分も良くなります。

薄着を心がけたら、「寒がり」が解消されていった。

段階的に少しずつ薄着を心がけるようにしました。すると、以前より冬専用の服を必ずしも必要としなくなっていったのです。

寒がりが軽減したら、冬専用の服は少しだけで良くなった。結果服を減らすことができた。

寒がりが解消されていくと同時に、出番が激減したのが冬専用の服です。同時に体調も良くなりました。すると行動のフットワークが良くなります。その割に服は少しでも間に合うようになりました。理由は、冬専用の衣類を多く必要でなくなったからです。冬専用衣類はかさばります。それが少しで済むので収納スペースも多く空きました。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。