オールシーズン使える目立たない良品、ユニクロのインナーT

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

ユニクロには、隠れた名品インナーがあるのを知っていますか?

昨シーズンから、愛用し始めたのは、これです。

スーピマコットンUネックT(半袖)(レディース)

  • 商品番号 136704
  • 価格 790+消費税(2015/9/25現在)
  • 素材 綿100%
  • ゆうパケット対象商品

ちなみに、メンズはこれがあります。

スーピマコットンフライスVネックT(半袖、2枚組)(クルーネックもあり)

  • 価格 990+消費税
  • 商品番号 146063
  • 素材 綿100%
  • ゆうパケット対象商品

私はアトピーなど極端に肌が弱いわけではありません。ですが若干、弱めです。そのため、化繊のインナーを着ると、汗の逃げ場がないような衣類を素肌に着ると、肌のトラブルになりやすい体質です。

子供も私と似たような肌のようで、幼いときには夏は大変でした。そのため、あるときからインナーを綿100%に変えてみたのです。すると、かなり改善されました。

ところが意外と綿100%のインナーが売っていなくて探すのに苦労していました。男女ともに高齢向き用しか見つからないのです。ところが灯台もと暗し。あっさりユニクロで見つかりました。

レディースもの、メンズもの、いずれもスーピマコットンという良質のコットンを使用していま。実際、肌触りがソフトです。

それぞれの違いです。

レディースもの

  • 生地の厚み 薄手 夏はちょうど良いが冬は寒い感じる人がいるかも。透け感が若干ある。インナー専用。
  • 生地の伸び よく伸びる
  • 販売単位 1枚

メンズもの

  • 生地の厚み 厚手 夏は暑いと感じる人がいるかも。透け感はなし。
  • 生地の伸び 普通
  • 販売単位  2枚組

スポンサーリンク



服を減らすコツのひとつ。シーズン専用服を減らす

洋服の数を減らすには、できるだけオールシーズン使える衣類に統一することです。けれども日本には四季があります。季節による寒暖の差が激しいですね。そのため、インナーもその都度違う物を着るようになったのは自然な流れなのでしょうか。

シーズンごとに服を持てば、その分増える

確かに、薄くても保温性の高いインナーの登場で、冬の着ぶくれから解放された傾向にあります。その反面、季節ごとにアウターのみならず、インナーも複数の種類を持つのでますます物が増えて混乱しますね。

私も、例外ではありませんでした。数年前、ユニクロのヒートテックを着たときは暖かさに感動しました。以後、数年は夏は夏用、冬はユニクロのヒートテックというように季節によってインナーを換え始めました。

ところが一件の住まいにいるのは私だけではありません。家族もいます。つまり機能性を求めたことで、家族の人数分とシーズンによってインナーを換える分、余計に衣類の数が増えることになりました。

ヒートテックを卒業した理由

ところが、初めは「暖かい」と喜んでいたヒートテックインナーですが、ちょっと困ったことに気付きました。それは就寝中です。暖かすぎて就寝中に汗をびっしょりかくことがあるのです。初めはインナーのせいとは気付きませんでした。何か体調が良くないのかと思いました。

保温性が必要ない場面もある

ところが、あるとき、ふと思いついて就寝中には保温性が特にない、夏用のインナーを着たところ、「就寝中に汗びっしょり」があっさり解消されました。

寒がり&冷え性改善は過剰の保温をやめることで

そして初めは就寝中だけ夏のインナーを着ていました。元々、冷え性で寒がりだった私ですが、あるとき「できるだけシーズンはじめは薄着をしてみよう。」と思いつきました。本当に寒くて耐えられなくなったらそのときこそ、ヒートテックを着ることにしたのです。

その結果、いつまでたっても「ヒートテックを着ないと寒い」状態が訪れませんでした。もちろん、例外的に寒い日に、屋外を長時間、出歩く時にはヒートテックを着ることはありました。けれども日常のほとんどの生活においては、「冬用インナーでないと寒くて耐えられない」ことは、ついにありませんでした。結果として、夏に買った綿100%のインナーで、真冬も過ごすことができたのです。

一度厚着をすると、薄着には戻れない。結果寒がり度がアップする。

秋の初めに厚着をしてしまうと、それ以降は薄着では耐えられない身体になります。「ちょっと寒いかな」くらいで家を出ても、いったん外出してしまうとたいていはいつのまにか汗ばむ位になるのが普通です。「寒い」に合わせるのではなく、外出中に汗ばむ「暑い」に合わせるのが寒がりを解消するこつです。

このようにして、寒いと思ってもすぐに厚着をしない習慣をしているうちに、以前よりかなり寒がりと冷え性が改善されてきたと感じています。(あくまで私の感想です。)

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ