洗面所の掃除を楽にする方法は「3つの扱い」がカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

洗面所は、物が集まりやすく汚れやすいですよね。そこで我が家で実践している掃除を楽にするポイントを3つ挙げました。

(イメージです)

洗面所の掃除を楽にするポイントは、洗濯や手入れのサイクルやタイミングがあいまいな3つのの扱いがカギです。その3つ物とは

スポンサーリンク

洗面所の掃除を楽にする3つの扱い

  1. バスマットの扱い
  2. 洗濯洗剤関連の扱い
  3. 髪の毛の扱い

です。

極端な話、この3つの扱いさえ解決すれば改善できます。

ではその対策です。

バスマットについて

これについては

  • バスマットを使わない
  • 薄手のバスマットを使い毎日選択する

の、いずれかをお勧めします。雑然とした雰囲気になるのはバスマットが敷きっぱなしで洗濯の頻度が少ないケースに多いのではないでしょうか。バスマットがあることで床掃除のやる気が出なくなります。反対に、何もなければ掃除をする気になれるし、開始しても簡単に終わります。

そのためにはバスマットを使わないのが一番です。浴室を出る時に足を拭きながら出れば良いのです。それでも湿りが気になる場合は、脱いだ服か、これから洗濯するタオルなどを一時的に敷けば良いです。

ただし、この方法は一人暮らし、夫婦だけの場合は実行可能ですが子供や年配の家族にはハードルが高いかもしれません。

その場合は

薄手のバスマットを使う

方法をお勧めします。

我が家で現在取り入れている方法です。100円ショップで売られているマイクロファイバーのバスマットを一枚購入して毎日洗濯しています。毎日洗濯しますから、掃除機をかける時に床に置いてあることはありません。

洗濯洗剤の扱いについて

次に洗濯洗剤や柔軟剤の扱いについてです。これはなるべく洗濯機の近くに収納場所を設けることがカギです。理由はできるだけ液体や粉末をこぼさないためです。

収納場所には一枚、タオルなどを敷いておくと、定期的に洗濯機に放り込んで交換するだけなので掃除が楽になります。

我が家では小さいワゴンを洗濯機の側に置き、そのスペースに置いています。ワゴンなので、その周辺の掃除も楽です。ただしワゴン本体を時々拭き掃除することが必要です。

家に備え付けの収納に直接入れると、液体や粉末がこぼれて掃除が大変ですがワゴンなのでその辺手入れも簡単です。

髪の毛の扱いについて

洗面所に,ほうきと塵取りをフックにかけてあります。気が付いたらその場でササッと掃除できます。

前にも書いたことがありますが洗面台に髪の毛を落とすと掃除が大変になります。一歩後ろに下がって床に落としてしまえば掃除が楽です。

今すぐできる、洗面台に落ちる髪の毛の対策
洗面台に髪の毛が落ちることで、様々な「メンドウ」があります。 (イメージです) 第一、掃除が大変です。 床...

スポンサーリンク
今日のおすすめテーマ節約
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。