粗大ゴミサイズのプラスチック引き出しケースを分解して一般ゴミに。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第3刷決定

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

4年ほど前に買ったプラスチック製の引き出しケースの一部を処分しました。

スポンサーリンク



RIMG0512

実は同じシリーズのものが、まだ残っていますが、片付けをしているうちに、この引き出しケースが空になりましたので処分をしました。

これは引き出し一段ずつ分解と連結もできる構造のはずです。購入当時、「用途が変わっても使いやすいだろう。」と、プリント整理などに購入したものです。

ところが、普通に引っ張っただけでは全く外れる気配がありません。すでに説明書などはないので、構造をじっくり見てみました。

分解の手順

すると、本体の内側に連結部分のカギとなるらしい「ツメ」を発見しました。早速、押してみました。

すると、連結部分が外すことができました。

RIMG0516

あとは、キャスター部分以外はプラスチックなので一般ゴミサイズに分解完了しました。

RIMG0523

キャスターは金属を含むので不燃ゴミに出します。

この引き出しが分解できる構造だったのは、「たまたま」ではありません。購入するときに「いつか来るかもしれない処分するとき」のために分解して一般ゴミに出せる事を想定していたからです。

捨てるのは惜しいのですが、もらい手もないし、車がないのでリサイクル店に持ち込みも不可能です。まだ使えるのに「もったいない」の気持ちが働き、しばらく無理に何かを入れて使っていました。けれどもやはり、今は不要になったのです。壊れていないので心が痛みますが、処分します。あまり大きくない引き出しですが、これがなくなったら、かなりスッキリしました。まだ、同じものの段違い(引き出しの数が多い物)がまだ2つ残っていますが、そちらはまだ使う予定です。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ