図書館の「持たない」「買わない」以外のプラスになる利用方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

図書館を「買わない」「持たない」ためだけに利用するのは、反対にとてももったいないですね。「節約」や「増やさない」以外の視点で利用した方が、よりプラスになります。

スポンサーリンク

書店で見かけない本を図書館で発見できることも

第一に、書店では見かける事のない本や、気づけない本を発見するという楽しさにあります。もちろん、本の購入代の節約や物を増やさずに済むというメリットと恩恵も感じてはいます。でも、それが一番ではありません。あくまでそれは「おまけ」程度の恩恵です。

図書館はサンプルとしての利用方法もある

時折、「図書館の存在が原因で本の売れ行きに影響が出ているのではないか。」という意見を見かけることもあります。実際のところ、その辺りはどうなのか、私は知る由もありません。

けれども、私の場合ですが図書館から借りて一度読んだ本でも「買って手元に置いておきたい。」と思う本は改めてお金を出して買っています。特に、図書館で偶然手にしたことがきっかけで、継続して買うようになった著者の本もかなりあります。その中には書店の陳列では決して目立つ事のない著者の本で、図書館に行ったからこそ発見できた本がありました。以後、その著者の本は新刊が出ると即買いしていました。

ところがあるとき、その著者が「図書館の存在があるから本の売れ行きが低くなるのでは?」と言及している文章を見つけてしまいました。実際に節約目的で利用する人もいるでしょうが、自分の過去の行動を振り返ってみると、おそらく本を買う習慣のある人は図書館があってもなくても買う本は買うし、買わない本は買わないのです。むしろ、図書館でお気に入り著者を発見する機会が増えるので、買う本が増えるくらいです。

書店の場合は、買うのをやめることがありますが、図書館ならば無用です。貸出冊数内なら借りられますから、家でじっくり読むことができます。つまり書店だけであれば手元において読むことがなかったかもしれない本を、図書館があることで試し読みする機会が増えるのです。いわば、図書館は「今後、買うかもしれない本の「お試し」に利用する側面があります。同時に、書店には並んでいない本も、図書館で発見することもあります。

書店に並ぶ本は限られている

最近でこそ、本を買う機会を減らしていますが、基本的に本は、「迷うなら買うが正解」と感じます。これまで、購入を見送ってあとで何の本かわからなくなり、「やっぱり買えば良かった。」と後悔したことが何度もあります。

「偶然」お気に入りの本を発見する入り口は複数ある方が良い

よほど大きな書店でない限り、店頭に並んでいる本は全ての本の一部に過ぎません。また、書店での本の並べられ方と、図書館の本の並びは違います。書店であれ、図書館であれ、「偶然」が読むきっかけになることは多いのです。そのため、書店では決して目にする機会のなかった本を図書館で偶然目にして、それをきっかけに気に入り、同じ著者の本を継続して買うに至るという経験が何度もあります。

図書館の便利なサービスを調べておこう

例えば、貸出期限の更新延長をネットでできる便利なシステムも

図書館の利用をためらう方の理由として「返却期間が短い」というものがあります。その図書館にもよりますが、私が住む地域ではネットから貸出期間を一回だけ更新することができます。ただし、予約待ちが入っていない物に限りますが、基本は2週間なので、計算上は最長4週間借りることができます。実際は延長更新を貸出期限日に行うと一番長く借りられますが貸出期限を過ぎてしまうおそれがあります。そのため図書館から本を借りたらスマホのリマインダーに借りた冊数と貸出期限をメモして、期限の4日前くらいから貸出期限が近いことをプッシュ通知するシステムを利用しています。そうすると期限の2,3日前に忘れず延長更新をできるので、実質14日-3日+14日=25日となり、実質25日間も借りられることになります。

予約は順番待ちのためだけではない。

時々住んでいる地域の図書館の利用システムを熟読してみると便利なシステムがあるかもしれませんよ。また、私が住む地域ではネットから予約をして、指定した本館、分館で受け取りもできます。そうすると、図書館で読みたい本を探し回る手間と時間も減らせます。予約は、新刊や人気本の順番待ちするためだけに使うとは限らないのです。

図書館は本を手にする機会を増やしてくれる場所

図書館は、このように、様々な使い方があります。「買わずに済ませる」「物を増やさない」という視点も必要ですが、本で重要なのは、書いてある中身です。いかにそのときの自分に必要な内容を発見できるか、がカギです。ということは、本を読むに至るプロセスは複数ある方が良いのです。収入源を複数にすることや、貯蓄や投資を複数に分散するという方法が巷で紹介されています。要は自分が手にする本も同じ事です。自分が目にするに至るプロセスは1つだけではなく、複数ある方が良いのです。書店にもその店によって特徴があります。ですからなるべく複数の書店に行く習慣がある方が良いし、書店だけではなく、中古書店、中古書店だけではなく、図書館・・というように同じ本でも、例えば書店では存在に気付けなかった本を、図書館で偶然目にするということがあります。

このように、単に「買わない」「持たない」ために図書館の利用をするのは反対に非常にもったいないことです。複数の本を目にする機会を意識して作ることで、自分にぴたりと来る本を発見できる確率がぐんと大きくなります。それこそが図書館の最大の恩恵です。絶版になった本も、図書館になら置いてあることがよくあります。

こうしたことは、本という性質上、物理的な保管スペースや、購入価格というお金の問題にとどまらない重要な事です。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。