主婦の私は持たない主義でも家族は違うから強制しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

f95443980ceed4d91ddf7da1c14dfd1a_s

我が家は決して「家の中ががらん」としているわけではありません。

じゃあ、なぜミニマムライフを自称するの?

その理由は、旧ブログでも、このブログでも何度か触れています。「じゃあ、何をもってミニマムライフを自称するのか?」という疑問がわくと思います。それは「自分なりの」という重要な前提があります。「自分なりのミニマムライフ」です。

子持ち家族は、どこまで物を減らせるか
高校生以下の子供がいる場合、ミニマリスト的生活はどこまで可能でしょうか。 進学や進級、成長で、服、学用品、教材、学習用...

スポンサーリンク

言葉の極端な画一的なイメージが先行しすぎている。

もちろん、「余分な物を持たない暮らし」を心がけています。ですが、最近注目されているミニマリストという言葉とその一例であるイメージが先行してしまうのでしょうか。どうも、「持たない暮らし」を心がけているというと、多くの方は、極端に画一的に「がらんとした何もない部屋に住んでいる」と思い込んでしまうようです。

確かに視覚的にインパクトのある状態は人の視点を引きつけます。人は多かれ少なかれ「日常生活の中に何か刺激が欲しい。」と思っているからです。

そういう状態の時、どんなに「あくまで自分軸の価値観が主流であって、必ずしも視覚的に『何もない、がらんとした部屋』に住んでいるわけではない。」と主張しても、心は「がらんとした住まいに住んでいるはず。持たない暮らしを自称しているって、そういうことでしょ。」と、思ってしまうのは、やむを得ないのかもしれません。

文章は、書いたようには読まれない

それは、みなさんそれぞれが「自分の事で頭がいっぱい」という共通の前提があるからです。自分がどういうときなら他者の話を聞こうと思うか、それを考えればおのずと理由も見えてきます。どんなに理論を並べても、実は人は他人の話など聞いているようで聞いていません。

学校の朝礼の校長先生の話を一つも思い出せないのと同様です。有意義である話を繰り返しても、よほど相手に興味があるのではない限り、基本的に自分に手っ取り早くメリットがある話でなければ、正論であっても相手の心に響いて印象に残ることはありませんから。

「はやる気持ち」が重要な軸を見逃す

思うに視覚的な「がらんとした部屋」を過剰に期待して、その前後に書いていること、話していることをスルーされてしまうのは、日常の繰り返しの平凡な出来事に何か刺激を受けたいのでしょう。

けれども、どんなに「がらんとした部屋」を期待しても、その前後にその部屋の持ち主が主張する軸に耳を傾けなければ、意味がありません。それは、私の話に限りません。現在「持たない暮らし」をしている多数の方々の話についても同様です。

それぞれ「持たない」理由や方向性は多様です。決して、画一的ではありません。視覚情報は、一端に過ぎません。もちろん、参考にはなります。ですが、それと同じくらいに、軸となる話が重要なのではないでしょうか。

子持ち世帯は普通の持ち物の概念で暮らす

我が家は夫と子供がいる、平凡で地味な家庭です。静かに、真面目に、ひっそりと生きています。そのことに大いに満足して暮らしています。けれども、他者、社会との関わりなしに生きてはいけません。そのため、波風立てずに普通に生きていくためには、特に子供のために「世間一般の普通の持ち物」の概念で暮らしていくことは、必要な事だと考えています。
そのような理由もあり、我が家は決して「がらんとした物が極限に少ない暮らし」をしているわけではありません。

減らすのは、家族に影響にない範囲で

あくまで、夫と子供に余計な負担を与えない範囲でのみ、物を減らしています。具体的には、婚礼家具を処分したとか、私の独身時代の写真を処分した・・というようなことですね。我が家の「持たない暮らし」は、基本的にそういう事例がほとんどのため、視覚的には「どこにでもある普通の住まい」です。何もインパクトがありません。

団らんの折には、それなりに物が散乱することも必然

ですから、家族団らんの時には普通に物が散乱してることもあります。夫と子供の持ち物も普通にあります。もちろん、物があふれているようなことはありませんが。

「持たない暮らし」の在りようはそれぞれ

そもそも「持たない暮らし」の価値基準は本当に、人それぞれなのです。例えば私は「物が多い」と感じても友人の視点では「物が少ない」と感じるかもしれないし、その逆もあるでしょう。必要な持ち物の量は、人によって違います。

ところが、どうも視覚的に「がらんとしている部屋」のイメージを「持たない暮らし」を心掛けているという人に対して過剰に期待してしまうような傾向が最近気になっています。

繰り返しになりますが、我が家の持たない暮らしは「自分なりのミニマムライフ」なのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。