パソコン使用の腱鞘炎予防対策と買わずに代用するマウスパッド

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

今回は、パソコン使用による腱鞘炎予防の対策と、マウスパッドの代用品についてお話しします。ブログを毎日のように書いている、またはパソコンの使用で手首が腱鞘炎のようになって痛みが出ている人はいませんか。

実は私も、1年ほど前、一時的に手首が痛み出し、最初は原因と理由がわからずにあせりました。ところがネット情報をざっくり調べてみると、パソコンを使う事により、長時間、手首が不自然な形でいることが原因らしいと推測できました。

(イメージです)

言われてみれば、確かにマウスを使う事によって、常に手首の上が「く」の字に曲がっていました。知らず知らず日々の積み重ねで長時間、不自然な手首の体勢になっていたわけです。半信半疑で、その改善としてマウスを使用中でもなるべく手首が「く」の字に曲がらないように工夫をしてみました。

スポンサーリンク



古い国語辞典の上に手首を乗せるだけ

改善策は簡単です。家にあった古い国語辞典をマウスの手前に置くだけです。マウスを使うとき手首の手前をこの辞書に乗せます。すると、マウスを上からつかむ形になります。それによって、手首が曲がらず、ほぼまっすぐになります。たったこれだけで手首に余計な負担がかからなくなります。ついでにガーゼハンカチを国語辞典の上に乗せています。

(マウスパッドは使わずに、クリアフォルダで代用。)

このように、国語辞典の上に手首を乗せて、手首が曲がらない体勢でマウスを使うようにしたところ、しばらくして手首周りの痛みは改善していました。

もっとも、最近、若い人を中心にパソコンを使うときマウスを使わない人が増えているそうです。また、マウス使用だけではなくキーボードのキーをたたく体勢も手首が「く」の字に曲がりやすいですね。その場合はパソコンの手前に国語辞典でも良いですが、フェイスタオルを丸めるか折るなどして5センチ前後の高さのある物を置き、その上に手首を乗せるようにすると手首が「く」の字に曲がりにくくなります。

(横から見たところ。国語辞典で少し高さを出して上からマウスを握る。そうすると手首がくの字に曲がりにくい。)

ポイントは、手のひらを軽く下に向けるような体勢を作ることです。何も置かないと手首が上を向くので「く」の字に曲がってしまいます。この方法を取り入れたところ、私は腱鞘炎などの手首の痛みが出ることはなくなりました。

マウスパッドはクリアフォルダで代用

私は相変わらずマウスを使ってパソコンを使っています。ですが、マウスパットを買ったことはありません。今は、すべりをよくするためにクリアフォルダをマウスの下に置いています。これで十分です。

何かのサービス品でマウスパッドをもらう機会もありますが、半端に厚みがあったり、小さかったりで個人の使い勝手に合うとは限りません。その点、クリアフォルダは薄いし、多少、マウスがはみ出しても不都合がありません。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

アドセンス・関連コンテンツ