今日からバスマットの手入れに悩まない、持たない提案例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

195701

今回はバスマットについてのお話です。

はじめに、バスマットの最適な使い方などについてお話します。次にバスマット自体を持たずに済む方法を紹介します。

スポンサーリンク

バスマットの扱いで迷うことや困ることとは

さて、バスマットですが・・

  • どんなものを使っていますか?
  • 洗濯頻度はどのくらいですか?
  • 洗濯が大変ではないですか?
  • 乾きにくくて困っていませんか?
  • じめっとした感触が苦手ではないですか?

バスマットって、ごく普通の生活用品ですが、意外と扱いが難しいものですよね。

我が家のバスマットについて

我が家のバスマットは、100円ショップで買ったマイクロファイバーで突起のある小さいタオル状のものを一枚だけです。毎日洗濯機で洗っています。かさばらず、すぐに乾きます。

バスマットをジメッとさせない使い方

ただ、それでも家族3人とはいえ2人目以降に使うときは、いくらか足がジメッとします。でも、ちょっとしたことで2人目以降に使う人が「ジメッ」を感じなくて済む方法があります。

それは風呂から出る時に、足の裏、指の間をしっかり拭きながら出てくる事です。

もしかすると、バスマットは厚手の物を敷きっぱなしにして、洗濯の頻度は周に1回以下という方も案外多いのではないかと思います。洗濯の頻度が少ないのは、洗いにくく乾きにくいからでしょうね。

でも、家族共有で、さらに数日洗わないとなると、衛生面が気になりますよね。同時に床にマットがあると掃除も大変です。

厚手だから洗いにくいということなので、薄くてすぐに乾く物を使えば、解消できます。

バスマットを持たずに済む2つの方法

また、我が家では日常的に実践していませんが、バスマット自体を持たずに済む方法があります。

段階的に2種類の例を挙げます。

タオルで代用する

第一段階はタオルを使うことです。

さらに、そのタオルですがフェイスタオル→ハンカチタオル→手ぬぐいなど薄手のタオル・・とより小さいか薄いものを使うことで一層、洗濯の手間とかさばり度を減らすことも可能です。

脱いだ服(選択前の服&インナーTなど)で代用する(究極)

第二段階は、ある意味究極とも言えます。

脱いだ服(これから洗濯をする服)をバスマット替わりにしてしまう方法です。

どうせこれから洗濯をするのですから、わざわざバスマットを別に用意しないで「脱いだ服にもうひと働きしてもらいましょう。」ってことです。服を足で踏むことに抵抗がなければ試す価値はあります。

実はこの方法、洗濯と朝のシャワーなどのタイミングがずれた時に既に私だけ実行することがあります。

「究極」の方法を家族に実践させない理由

もしかすると、本当は家族全員にこの方法を実行してもらえば、バスマットそのものを一枚も持たずに済みます。ただ、私がこれを家族に実行させないのには理由があります。

夫は大人なのでともかく、子供に一般的ではない習慣をさせると、どこかで恥ずかしい思いをするかもしれないからです。実際は、これから洗濯する予定の服を自分だけのバスマット替わりに使うことは何ら問題はありません。けれども、どこかでそういう行動をして、妙な目で見られたりしたら困るだろうなと思い、あえてこの方法は私だけに限定して封印しています。

子持ち家族は、どこまで物を減らせるか
高校生以下の子供がいる場合、ミニマリスト的生活はどこまで可能でしょうか。 進学や進級、成長で、服、学用品、教材、学習用...

バスマットは一枚でも十分すぎる

でも、単身、大人だけで暮らしている方であれば十分実行可能な方法です。

そんなわけでバスマットというのは、洗い替えがなくてもいざというときはタオルや服で代用できますから、一枚だけでも十分すぎるのです。

脱いだ服を代用する方法は、一見奇抜で風変りの印象を抱くかもしれません。けれども、中にはバスマットを家族で共有しさらに選択の頻度が週に一回とか、もしかするとそれ以上という方も珍しくはないと推測しています。

そのような方法は一般的の範疇です。けれども一般的であるはずの方法なのに衛生面を考慮すると奇抜に思える「脱いだ服で代用」のほうがはるかに衛生的なのです。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。