「街」はリアルテーマパーク

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPP_shitamachinorojiura-thumb-autox1000-12828

最近、大きな一枚に記載されているタイプの地図をいくつか買いました。地図はネットで検索できるから不要と思うかも知れませんね。

特に観光地やテーマパークなどにわざわざ行かなくても、身の回りにテーマパークは存在しています。普通の街が、それぞれリアルなテーマパークのような物だと思います。

合間を見てふらりと出かけて歩いてくるのはとても楽しい小旅行です。そのために地図を買いました。

スポンサーリンク



大きい地図を買う

ネット状の地図は広い場面を俯瞰しにくいので、やはり大きい紙の地図が一番と思いました。知っているつもりの場所の位置関係がよくわかります。遠いと思っていた場所が案外近かったり、要所が全体で俯瞰できます。

以前は、テーマパークなど、はっきりと「ここは楽しむ場所」と明確にわかりやすい場所に行くのが好きでした。けれども、段々、「所詮、人工物にはどんなに精巧に作っても限界がある。」ことに気付きます。

やはり、自然や、リアルな街の精巧さにはかないません。ただ、テーマパークや観光地は「ここが見所ですよ。」「こういう風に楽しみましょう。」と提案してくれる場所です。なのでただ行くだけで、とりあえず楽しい時を過ごした様な気分にはなれます。

何というか、受け身なんですよね。ところが、家からそう遠くない場所でも、初めて訪れる場所はそれなりに新鮮です。街の雰囲気とか、土地の形状とか、建物とか、人々の傾向とか。

ファミリー層が多い街と高齢者が多い街では公園の雰囲気や活気、木の樹木の太さが違っていたりと些細な発見と関連性の気付きなどが興味深かったりします。

初めて訪れる街は道もよくわかりません。なので地図を片手に歩くことになります。これが、探検気分ですごく面白いのです。途中で疲れたときのリタイヤルートを検討したり、体力にあわせて「もう少し歩けるかな?」と思ったり。

こういうことはリタイヤ後のヒマのある中高年層がするものというイメージがあります。ですが、年齢に関係なく誰でも気軽に楽しめるレジャーです。

空き時間にあわせて時間は調整できますしね。なんと言っても、体力も、道具も、お金もたいしてかからないのも魅力です。服も普段着で大丈夫です。必要なのは歩きやすい靴と帽子(日よけ、日傘は片手が疲れます)それだけです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ