目立ちたくないときに着る服とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
sns表示不具合について

feedlyの読者数表示等が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は350前後です。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。
8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

a0001_016595

着る服の効果を、ときにこんな風にも利用してきました。

場合によって、「今日は気配を消したい。」と、そんなときってありますよね。

そんなときは、服を少し工夫します。

スポンサーリンク



存在感を消す色

まず、デザインなどは、ごくごく当たり前の常識的なもの、その場面にふさわしいことが前提です。そのうえで、グレーの服を着ます。

以前、何かで読んだのですがグレーは一番目立たない色、存在感を消す色だそうです。一般に、グレーのイメージはあまり良くないのですが、逆に必要な時にはその効果を利用します。

服の色の効果を、一般的に印象を良くするために利用することが多いですよね。けれども、印象を残さない。という意外な利用方法もあります。

弱点を逆手にとれば、活用できる方法はあります。

「何を着るか。」について、とかく「良い印象を持たれたい。」と主張するばかりが道ではないということです。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ