「やくわり」で判断する服の取捨選択の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

185844

「ときめき」の度合いで服の取捨選択をするのも良いですが、もうひとつの方法を提案します。

それは「やくわり」で判断する方法です。

そのやり方とは、

スポンサーリンク

一枚も「ときめく服がない」時は「やくわり」で判別

一枚の服を手にします。

「服」と、ひとくちに言いますが、実はそれぞれの服にはそれぞれの「やくわり」があります。

「やくわり」と言っても、単に普段着、お出かけ用、行事用・・といった分別ではありません。

例えば、ある一枚の服を手にしたとしましょう。

その服が持つ本当の「やくわり」は何なのかを確認するのです。

一枚のワンピースがあるとします。

そのワンピースの本当の「やくわり」は何ですか?

家の中で家事をしても動きやすい汚れても洗濯しやすい「実用」という役割ですか?

もしくは、ママ友とランチをするときに「オシャレね」と思われるための「ちょっとした見栄」という役割ですか?

それとも、今は必要ないけれど、良い思い出があり、見ると素敵な気分になれる「良い思い出」という役割ですか?

はたまた、保護者会等、子供が通う学校に行き「常識のあるお母さん」を表現するための役割ですか?

・・と、一枚のワンピースであっても、実は本当の役割は様々なのです。

取捨選択、手放すか否か・・の判断基準は、「真のやくわりを果たしているかどうか?」です。

「ときめくか、ときめかないか?」の感覚で「やくわりを果たしているか、いないか?」で判断します。

このように見据えて行くと、「ときめかないけれど、やくわりは果している必要な服」であったりします。

また、「ときめくけれど、何の役割も果たしていない、いわは『ときめき』自体が役割である」という事もあり得ます。

なかなか洋服を頻繁に買い換えられるものでもありませんので、「ときめき」での判断をしたけれど、「どれもときめかなかった」と言う場合は本当に困ってしまいます。

そんなときこそ「やくわり」に注目してみましょう。

スポンサーリンク
今日のテーマ・片づけ
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。