「ときめく物がない」ときは、こうする。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

第2回ウェブ読書会発表

第3回ウェブ読書会参加募集のお知らせ(11月22日締め切り)
***********************

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-ELL88_hikarinomori20141127093341-thumb-1000xauto-17782

ときめくか、ときめかないか、で物の取捨選択を判断する・・は有名な方法です。

でも、

「どれも、ときめかないんですが。」

そういうときは、どうすれば良いのでしょうか。

実際に、私もしばしばこのジレンマに陥ります。

かといって、お金の問題もあるけれど、ときめかないものを全部手放してしまったら、生活が成り立ちません。

服などは着る物がなくなってしまいます。

そこで私がとる方法、それは

「ないと困る」

ものを残す方法です。

単純な選択方法ですが、これが一番です。

「ないと困る」→残す

「なくても、まあ、困らない」→手放す

この繰り返しです。

でも、今、

「どう見ても、なくて困らない」し、ときめく・・のとも違うのですがどうしても捨てられない物が存在しています。

それは、子供が毎日のように使っていた物や服です。

今は必要がなくなったのですが、少し寝かせても、捨てられないのです。

子供は目の前にいるというのに、分身のようで捨てられません。

このような場合は、捨てません。

しばらく気が済むまで保管しておきます。

場所を取りますが、それで良いと思います。

眺めるようなものでもないし、キレイでもないのですが、クローゼットの奥深くにひっそり保管してあります。

普段は自分でも存在を忘れていますが、それで良いのです。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 女性
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ