GW、「ママと子供だけ」の場合のお勧めな楽しみ方

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売・予約開始中

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PPS_hirobanooyako-thumb-1000xauto-12976

GWですが、お子さんがまだ、「どっか出かけたい!」年なのに、お父さんが休みではないご家庭も多いと思います。そんなときのお勧めの楽しみ方を紹介します。お子さんの年齢は幼稚園~小学生位を想定しています。

お父さんがいない時のお勧めは公共の交通機関を使うことです。いつもは車で出かけているところを移動そのものを楽しんでしまうんです。

これが結構新鮮で楽しいんですよ。

電車やバスを使うと、同じ所を走っても景色が全く違って見える事があって驚きます。もし、近くに観光用のルートバスのようなものがあれば、回る場所が何か楽しめる場所に停車してくれるので効率が良いです。

大人にとって電車やバスは「ちょっと面倒なもの」になっていますが、自分で運転しなくていいし、駐車場の心配が要りません。なんと言っても子供は男の子でも女の子でもいつもと違う乗り物に乗ると言うだけでウキウキします。ただし、GWはちょっと混雑するかもしれませんので、その辺はお子さんの年齢によって判断して下さいね。

電車であれば加えて渋滞の心配も要りませんよね。

以前、住んでいたところで、いつもは車で移動していたのですが、夫が仕事でいなかったときに子供と観光客用のルートバスに乗ってみました。当時は普段、車ばっかりでしたので子供は乗る前からワクワクしていました。

私はそんなに期待していなくて、なんとなくのヒマつぶしのような感じだったのですが、乗って驚きました。よく知っている景色なのに全く違って見えるんです。「え?こんなにこの街ってキレイだっけ?」当時住んでいた街に対して失礼な話なのですが、そのバスから見た景色は初めて訪れる美しい街のように輝いていました。

そして、ルートの途中にある博物館に寄りました。博物館は、屋内なので体力もあまり消耗せず、そこはちょっとマイナーな目立たない施設でしたので、GWにも関わらす割と空いていました。空いているのですが確か大学の設備のひとつなので内容は充実していましたし、料金も格安でした。

そして帰りはまたそのルートバスに乗って別の観光地(マイナーなところ)に行ってみました。そこは地元の人にとってはあまりにも定番過ぎるので私も子供の頃は何度か行ったのですが子供が生まれてからは一度も来たことがなかったのです。

久しぶりに訪れてみると、新たな施設が出来ていたり、美味しいテイクアウトフードがあったり、景色も楽しめて新鮮でした。もちろん、子供も大喜びです。

最後に、子供にそのバスのレプリカのようなおもちゃを記念に買って帰りました。

こんな風に、お父さんが休みではなくママと子供だけ・・のGWに「ちょっと出かけたい」時には住んでいる地域周辺の観光バスか、なければコミュニティバスとか、路線バスでも電車でも良いのですが公共の交通機関に乗ってみると大人も子供も新鮮で楽しめます。

景色が違って見えるのは多分、バスの場合、車よりも車高が高くなるので視点が違うことと、観光用のバスはその街のきれいなルートをよく研究して設けられているからだと思います。

それから、子供って切符とか、回数券とか、切符を買うボタンを押すとかが大好きなんですよね。今はICカードがありますが、あえてそういう物を利用してみるだけでも子供には新鮮だと思います。

お子さんが小学生くらいであれば、電車利用なら、区間を確認させて切符の価格を確認させて、切符を買う、受け取る、改札を抜ける・・たったそれだけのことがとても楽しいんですよね。特に切符を買う時のボタンを押すのなんかは大好きです。

改札を抜けるのも大好きですし、バスなら回数券を取るだけでも喜びます。(観光ルートバスの場合は支払い方が少し違うかも知れません)ICカードでまとめて支払えば簡単ですが、あえて子供の分も作って本人にチャージさせてピッ!とさせるのも良いものです。(ICカードはお住まいの地域やバス、鉄道会社によって利用の有無に制限があるので事前にHPなどで確認してくださいね。)

大人にとっては当たり前でも子供は普段車で移動しているほど、電車やバスの移動を喜んでくれます。バスの降車ボタンを押すのも大好きですね。

お父さんが留守の時はママは体力をあまり消耗しないで済むように博物館系を回ると良いですよ。食事をするところもあるし、トイレもあるし天気が不安定でもあまり心配要らないので、荷物も少なくて済みます。

ただし、施設内のレストランは大混雑する場合もあるので、小腹対策用のおやつを持っていると良いです。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ