画像から見えない家事の労力のミニマム化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

7651f52548bda0ea03c8286eb7900d34_s

暮らしのフットワークを良くするために「数」を減らす意外に重要な事があります。これはブログなどの画像ではわからないので気付きにくいことです。でも、現実は重要です。それは

「重量」です。

一般に画像としての見栄えが良い物は「重い」ものが多いのです。

もちろん、「重い」ものは昔からある定番品のことが多く、高品質です。なので、それを長く手入れしながら大切に使いたいという気持ちや暮らし自体を否定するものではありません。

実際、私も少し前まで「高品質で長く使える定番品」を中心とした物を選ぶ傾向にありました。実際、それらは確かに高品質で効果がありました。

けれども、反面、何かが億劫になり段々、それ自体のフットワークが重くなっていきました。物自体の重量に比例して家事のフットワークも落ちていったのです。

ナベ、食器、食品の保存容器、電化製品・・

特に調理関連の家事は、フットワークが重くなっていきました。その原因は、自分のズボラぶりが現われた結果だと思っていました。

けれども、あるときにふと気付いたのです。

「重い」

ことがフットワークを文字通り重くしているのではないか、と。

そこで、少しずつ可能な限り機会を見ては「軽い」ものにチェンジしていきました。

手放すまでにかなり迷ったのがル・クルーゼのナベでした。このナベは値段もそれなりですが、確かに下手な腕前でも料理上手であるかのような効果がありました。

けれども、思い切って、そのナベを手放し、代わりに偶然ほとんど同じサイズ、容量だった無印良品の琺瑯のナベに変えました。すると、洗い物も手入れもフットワークが軽くなりました。

(ナベは鋳物から琺瑯へ変えて軽量化しましたが、タッパーになると重いのでプラスチックに戻しました。琺瑯はナベとしては私にはちょうど良いですが、タッパーになると重いと感じますし中身が見えないのでプラスチックです。プラスチックは見た目が良くないとか有害物質が・・という説もありますが、耐熱温度を確認して日本製を使うことで納得して使っています。ナベは琺瑯かステンレスです。)

煮込み料理などは、以前のようにはいかなくなりましたが、その代わりイヤイヤながら作る度が減りました。洗うのも片手でできるので億劫ではなくなりました。

食器も同様です。軽くて扱いが楽な物だけを持つようにしました。もちろん、少しは以前持っていた重い食器も残していますが、出番を減らしました。

オシャレなガラスのピッチャーなども同様でした。洗うときにはヒヤヒヤしました。

暮らしぶりは雑誌やオシャレブロガーさんを参考にすることが多かったのですが、見えるのは文字と画像だけです。「重量」は画面から見えないので実際に自分で使ってみて初めて気がついたことでした。

もちろん、重くても使いこなせている方もいるのでしょう。けれども、元来ズボラな私には、ちょっと荷が重かったようです。結果、軽い物に変えたところ、やっと自分のペースで調理を初めとした家事に戻った気がします。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。