迷わず選ぶ洋服の買い物方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

a0265fa39ff1947d9f96abcf08eb9783_s

洋服の買い物は迷いがちです。

でも理由は、実はシンプルです。

「選択肢が多すぎる」

のです。

つまり迷わないためには選択肢を減らせば良いのです。

では、どうすればそれを減らして的確に選べるのでしょyか。

はじめに重要なのは「コスト」です。

洋服、靴、バッグなどにお金をかけるのか、かけないのか。

それを決めます。

オシャレ上級者はオシャレの予算はメリハリだとよく言っています。

1,000円のカットソーを着て5万円の靴を履く

というように。

でも、それはオシャレ上級者でないと難しいワザです。

ヘタするとメリハリではなくちぐはぐになります。

オシャレにお金をかけると決めたら、とことんかける。

お金をかけないと決めたら徹底してかけない。

まずは、この2択からスタートしてみませんか。

すると、お金をかけると決めたならば、リーズナブル系の店は除外されます。

かけないと決めたならば、高額店は除外されます。

予算の方向性を決めるだけで選択肢がかなり減ります。

次はその店が想定している客の年齢層を見極めます。

選択肢を減らすために、素直にそれに従います。

「本当は、若い人向けだけど、使えるアイテムがある。」

というように、自分の年代と違う店に足を踏み入れるとまたまた選択肢が増えます。

なので自分の年代にあった店を選択肢に絞ります。

次に「選択肢を絞る」方法として、

「買わない色」を決めることです。

次は「柄物を買うか買わないか」を決めます。

柄物は買うと決めた場合でも、「買わない柄」を決めておきます。

洋服を買いに行くときは

「自分に似合うのはどれ?」とプラス思考で選びますよね。

ですが

いつも迷って仕方がない場合は消去法が良いですね。

「買いたい服」ではなく「買わない服」を事前にハッキリ意識しておくのです。

それから、大事なのはサイズ感です。

サイズが合わない物は、当然ですが除外されます。

「サイズで妥協しない。」

ことも重要な「除外する条件」になります。

この場合、サイズは「着映えするサイズ」が重要です。

「着られるけれど大きい」とか「着られるけれどピチピチ」は

「妥協の産物」となり、選択肢を増やしてしまいます。

サイズが合わなければ買わないと決めておけば、そう安易に服を買うことに至りません。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。