バッグに入れる小物は明るいハッキリした色が良い理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
sns表示不具合について

feedlyの読者数表示等が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は350前後です。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。
8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-ELL85_akaianemono-thumb-1000xauto-15642

バッグに入れて持ち歩く小物の色は、極力、「赤やピンク」などの目出つ色にしています。

理由は、暗いバッグの中からでも「見つけやすく」「探しやすい」からです。

バッグの中は、いわば「明かりのついていない室内」と同じで真っ暗です。

そんなとき、黒などのシックな色は特にバッグの中でも目立たないのです。

実際、過去にシンプルに徹して黒を中心に小物をそろえていたとき、家のカギや財布や携帯電話(当時)がどこにあるかわからなくなって焦ったことが何度もあります。

結果、バッグに入れる事のある小物は、せっかくなので、私には珍しい赤、ハッキリしたピンク、シャンパンゴールドなどの目立つ色にしています。

たとえば

  • スマホのカバーは
  • 家のカギのキーホルダーは濃いピンク
  • 財布はシャンパンゴールド
  • 定期入れはハッキリしたオレンジ

です。

あえて色を「おそろい」にしないことで、色で何か一目でわかるようにしています。

「財布はどこ?」

「家のカギはどこ?」

と、バッグをごそごそ探すことがなくなりました。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ