困ったときの無印良品 

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売・予約開始中

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

春はライフスタイルの変化があり、新たに物を買う機会が増えますね。でも、「テキトーな物は持ちたくない」「でも、高いのは困る」それなのになかなかちょうど良いものが見当たらず困ることがあります。そんなときの大きな味方が無印良品です。

c3cf698bac044038f02e3da17ea54349_s

(イメージです)

実は我が家でも子供関連の買い物には、無印をフルに活用しました。もちろん、本人の好みと意志が最優先です。ですが、買いに行く暇がなかったり、一度に用意するものがあるのです。また、それぞれの用途の店舗を見て回るのは大変だったりします。また、当人がまだまだ何をどう選べば良いかよくわからなかったりもします。選択肢がありすぎて選べなくなる状態ですね。

一応、服や小物などについて、ざっくり予算を言って「好きに選んで買ってきていいよ。」と言いました。そのうち、いくつかは自分で買ってきたのですが、一部これまで使っていたものがあるにはある・・というようなものは後回しになっているようでした。

そこで、提案したのは無印良品です。子供は無印良品に買い物に行く習慣はありませんでした。(それが普通ですよね。)そこで無印の通販の画面を見せて「例えばこんな感じのが、このくらいの値段で売ってるよ」と教えました。

すると元来、シンプル好きな子供は「あっ!それがいい。」と言い、「注文しちゃって。」という返事が。「現物見なくていいの?」と聞きましたが、もう、買い物に行くのが面倒になってしまったようで、代わりに注文してやりました。

実際、同じテイストのものをデパート、その他に買いに行った場合、かなり高いです。レザーの小物などは倍くらいすると思われます。レザーの小物と言っても品質はピンキリです。ですが無印のレザーの小物はハイクオリティです。ナイロン製のバッグ類もそうです。「え?こんな値段でいいの?」って感じです。もしかすると無名メーカー品の似たようなものより2割くらい高い場合がありますが、丈夫さは長く使っている経験から間違いありません。2割安い無名メーカー品と無印品があれば無印を選びます。

子供のものは類似品を何度もお店で見てわかっていましたので、ちょっと当初より予算オーバーでしたが注文してやりました。

他にもビジネス用のバッグとか、トートバッグとか、リュックとか、ボストンバッグとか、とにかくシンプルで丈夫なのにびっくりするくらい安いです。我が家ではボストン大は15年くらい使っています。ボストン中サイズは2,3年前に追加購入しました。いずれも全く流行に左右されないし、老若男女関係なく使えます。

紳士服量販店では、スーツを買うと就活用ビジネスバッグが安く買えたりセット売りがあったりするようです。その種のバッグは多分単体で普通に買うと5,000円~8,000円くらいのものっぽいですね。それらのバッグでも十分だし、自立するとか機能性はそれなりなんでしょうけれど、一目で「みんなが持っている『そこそこ』な5,000円くらいのバッグ」とわかりますね。若いんですからそれで十分なのですが、でも、「何か違うなあ」と思いますね。

ところが無印のバッグは価格は安いし自立しない(確かそうだと思います)などは考慮の余地ありですが、「とりあえず買いました」という感じがしませんね。

若い人が一目で高価とわかるものを持つのは微妙な場面があります。反面、「みんな持っている」からNGではないけれど、大手紳士量販店のセット売りで買ったと思われるバッグというのも「なんにも考えてない」「とりあえず」な気がして何か物足りないと思うわけです。

その微妙な感じをうまく払拭してくれるのが無印だなあ・・と。

(子供は就活生ではありません。たとえです。)

ヘタにデザイン性のあるものを持つと、場合によってセンスの善し悪しをさりげなくチェックされたりします。けれども無印ならば少なくとも「ダサッ」と思われることはありません。何より余計な機能がなくシンプルで丈夫なのが最大の魅力です。

日々、我が家には無印の物の割合が増えています。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ