キッチン用品、「減らすべき物」の選び方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

a0002_007738

「キッチン用品を減らしたい。でも、何を減らしたら良いかわからない。」そんなアナタ様のために、「こうやって減らせば良いです。」という簡単な方法を伝授します。実際、私もこうやって減らしました。

例えばフライパンを例に挙げます。フライパンはいくつありますか?大中小、3個ですか?その3個のうち、使用頻度が一番低いものを選びます。小の頻度が低ければ、小が処分対象です。

次に、お玉を例に挙げます。大小、2個あるとします。そのうち、使用頻度が低い方の1個が処分対象とします。

・・と、こんな風に、同じもののうち、サイズ違いで持っているものを比較するのです。そして、サイズ違いで持っているもののうち、一番使用頻度が低いものを処分します。

例えば、フライパンは初め3個持っているとしましょう。第一段階では小を処分して、しばらく大中の2個で生活します。そのうち、もしかすると「大はなくても大丈夫」という場面がでるかも知れません。その場合は第二段階として大を処分して、残りは中1個だけという風になります。

台所用品のサイズ違いは、油断するとどんどん増えます。あれば使う状態になります。でもサイズ違いのグッズは案外「なくても何とかなる」ケースが多いのです。初めは違和感を覚えますが、すぐになれます。私も以前はお玉を大小2個持っていました。

夜にカレーを作り、お玉をナベに突っ込んだまま、翌朝を迎えます。すると翌朝になって「カレーの残りじゃなくてご飯と味噌汁を食べたい。」と思います。そのとき、カレーに突っ込んだままのお玉を洗うのを面倒に感じて「もう一個お玉があって良かった。」と2個目のお玉を使っていました。

でも、しばらくして、カレーの残りは出ないように食べきり量で作るようになりました。私は前日の夜に作ったものおを翌日食べる気になれない事が多いと気付いたからです。仮にたまに残ったとしても、お玉は夜のうちに一端洗います。そうすればお玉は2個必要はないのです。

こんな調子で同じようとでも複数必要だと思っていたものは、ほとんどがムダだと気付きました。

キッチングッズを減らすなら、同じ用途のサイズ違い、もしくは複数持ちを単体にすることを目標にすると簡単ですよ。

 

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。