一瞬でお得な電気料金をシミュレーションできる「でんき家計簿」。東京電力の「Web検針票(ペーパーレス)」に申し込んでみましたよ。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第4刷決定しました

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ウェブ読書会開催のお知らせ

このブログで読書会を開催します。どなた様もお気軽に参加ください。

***********************

a0002_006935

東京電力の「でんき家計簿」って知っていますか?先日、お知らせハガキで知り、早速登録してみました。これ、すごいですよ。一瞬で過去の自分の家の電気に関するデータが出てきます。もちろん、最新分も。それだけではありません。「どの料金プランが一番安くなるか。」を一瞬でシミュレーションもできるんです。

「でんき家計簿」でできること。

まず、会員登録をして紙の「紙の検針票」も「不要」にチェックを入れました。これで紙が一つ減ります。小さいものですが。

まず、初耳の「でんき家計簿」ですが、何ができるかというと、

  • 電気料金がひと目でわかる
  • お得な料金メニューが選べる
  • 家電の管理がまとめてできる

 簡単に「料金プラン」をシミュレーション出来て比較出来る。

ということのようです。私がこの中で気になったのは、届いたハガキにもざっくり書いてあったことですが「お得な料金メニューが選べる」の項目です。

ハガキによると、「実は、こんなに!選べる料金メニュー」のタイトルとともに

  • 従量電灯B.C(スタンダード)
  • 朝得プラン(深夜1時~朝9時までがお得)
  • 夜得プラン(夜9時~朝5時までがお得)
  • 半日お得プラン(夜9時~朝9時までがお得)
  • 土日お得プラン(土日が1日中お得)

という料金プランがあると知ったのです。

多分、我が家は現在基本の「従量電灯B.C」というスタンダードのプランを利用していたはずです。料金プランの見直しでもしかしたら電気代を安くできるのかも?と思い、早速会員登録してデータや提案を見てみたい!と思ったわけです。

 実際に使ってみたレポ

「でんき家計簿」で検索をすると東京電力の「でんき家計簿」の申し込み画面がヒットします。新規会員登録は、氏名、住所、電話番号、届いたハガキに記載してある事業コード、お客様番号などを入力してID,パスワード、秘密の質問などを入力して登録完了します。(お客様番号を入力したら自動で契約者情報などが記載されるとおもったら、そうではありませんでした。)

「でんき家計簿」に登録すると、こんなデータも簡単に出ます。

使用量グラフ(我が家の電気使用量、概算公開)

我が家の「一年間の電気使用量と前年の比較」、「同じ契約容量他の世帯とのの平均使用量との比較」も出ます。こうしてみると、今年は前年と比較すると若干、増加気味だとわかります。「同じ契約容量の他の世帯との比較」では、前半は同じくらいで、ホント平均!でしたが、秋冬になると下回っているとわかります。おそらく暖房に使う電気料が少ないからと思い当たります。

1東京電力

料金グラフ(我が家の電気料金、概算公開)

次は、電気「料金」のグラフです。

2東京電力

使用量の比較

約過去一年間の使用量の比較です。

  • 我が家
  • よく似た家庭
  • 省エネ上手な家庭

と比較出来ます。

「よく似た家庭」と比較すると少なめですが、「省エネ上手なご家庭」より多いので、「上には上がいる」ということがわかりますね。ちなみに我が家では特別、必死に電気代を節約するような行動は特にしていません。

5東京電力

約過去一ヶ月間の他の世帯との比較

我が家は「よく似た家庭」と「省エネ上手な家庭」のちょうど間くらいのようです。上記のデータの傾向と似た感じですね。「省エネ上手な家庭」より我が家は22%上回っているということなので、あと20%ほどは電気使用量をダウンさせる要素があるということですね。20%?できるかなあ?難しいかも・

4東京電力

 家電データ

で、家電を登録していろいろ買い換えなどの参考にできるシステムがあったりもします。

6東京電力 - コピー

 料金シミュレーション

で、一番知りたかったのは「我が家に最適な料金プラン」です。現在はスタンダードな「従量電灯B」の契約です。シミュレーションの結果はこうでした。

このまま「従量電灯B」の契約が一番お得みたいです。(数字の一部をぼかしています。)こんな風に、簡単に自分の家庭が一番お得なプランを調べられます。便利ですね。

シミュレーション東京電力

ちなみに、この「料金シミュレーション」は、登録した翌日の16時以降から使えます。

 さいごに

電気使用量の節約に必死になる以外にも、料金プランを見直しすると手間いらずで得することもあるんですね。たまたま我が家は変更不要でしたが、ライフスタイルが変わった場合は見直しした方がよいですね。

自分で計算しなくても自動でシミュレーションしてくれるし、紙の検針票は減るしで、なかなか良いシステムだと思います。使用料も不要ですよ。

スポンサーリンク
ブログ村



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ