日本の主婦は食事の支度が大変すぎるのではないだろうか。ドイツのコールドミール、イギリスの冷凍食品。という実態を知って思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
sns表示不具合について

feedlyの読者数表示等が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は350前後です。

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。
8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

a0002_009002

最近、毎食の食事の支度がなんだか「キツイ」と感じてしまうことがあります。そんな自分に違和感抱いしまうことも。そんな折、「イギリスの主婦は料理をしない。食事はほとんどが冷凍食品」という事をテレビで観て知りました。さらに、先日、ドイツの食事事情を知って驚きました。なんとドイツでは暖かい食事は昼だけで、朝と夜は「コールドミール」と言って、パンやハム、カット野菜、チーズ、ジャムなどで済ませるのだそうです。どうりで・・。長年の謎が解けた気がしました。(上記画像はイメージです)

イギリスの食事が簡素で、その代わりテーブルの飾り付けなどには手間をかけたり、ガーデニングに力を入れることは何となく知っていました。けれども、ドイツといえば「オシャレできれい好きで家事上手な主婦が多い国」としてよく様々な本が出ています。けれども「きれい好き、合理的」ということは見聞きするけれどコールドミールの話は聞いたことがなかったからです。

そもそも、国は違えど人間の能力の限界なんて大差がないはずです。なのにドイツの主婦はてっきり料理も含めて完璧に家事をこなしていると信じていました。けれど最近「どうもおかしい。何かあるんじゃないか?」と思っていた矢先にコールドミールのことを知ったわけです。

昼に暖かい食事といっても昼は仕事をしていれば外食ですよね。となると、少なくとも仕事を持っている主婦は家でほとんど料理らしい料理なんてしていないということですよね。それじゃあ、片付けも買い物も支度も、楽ちんなわけで汚れないから掃除も楽なはず。そういうカラクリだったとは。

「いつもピカピカで綺麗で清潔な台所」の理由は、掃除のコツを覚えることではなく、「汚さないこと」つまり「台所を使わないこと」だったんですね。料理らしい料理をしなければ、主婦は時間に余裕も出来るし、掃除も洗い物も少しで良いわけです。その分、エネルギーも節約できて夜に食べ過ぎないので身体にも良いとか。

だからといって、我が家で明日からコールドミールを実行することは無理だと思いますが、少なくとも日本人の主婦は何もかも頑張りすぎなんだと思います。主婦が頑張りすぎてストレスが溜まれば家族にもその感情が伝染します。美味しい食事は大切ですが、もっと上手に手抜きする方法を考えてもっと簡単な食事に変更しても良いのじゃないかと思いました。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ