ミニマリストに不人気の品ベスト5(テレビ、炊飯器、電子レンジ、掃除機、水切りかご),我が家には全て必要です。その理由とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

ミニマリストの方に不人気の品物ってありますよね。

ミニマリストに不人気の品ベスト5

  • テレビ
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • 水切りかご

(順不同)

確かに、なくても生きていけます。でも私には、どれも「ないと困り」ます。「持たない暮らし」を自称しているブログを書いておいてなんですが、ミニマリストには不人気なこれらの品々を「要る理由」をまとめてみました。

テレビが必要な理由

a0011_000141

(イメージです)

朝の忙しい時には付けっぱなしにすることで、大まかな情報を手っ取り早く得ることが出来ます。料理をしていると音が聞き取りにくいことがありますが、映像や文字が流れるので把握しやすいのです。観ていなくても音が聞こえるので内容を知ることが出来ます。

朝は、交通機関や天候、突発的なことなどはスマホやパソコンにアクセスしてからというのではフットワークが良くないんです。ネットは何かをしながら、調理をしながら、片付けをしながら得るのは難しいのでやはりテレビがよいですね。詳細を知りたければネットを活用します。

確かに面白くない、ネガティヴな番組もありますが、面白い、良い番組もあります。また、国会中継などは特に面白いですね。BSであれば放送大学などもありますし。一部の面白くない番組に注目して「くだらない」と敬遠するよりも、そういうのはスルーして観たい番組だけを観れば安上がりに楽しめます。スペースは小さいテレビを置いているので問題ありません。

炊飯器が必要な理由

「土鍋で炊くと美味しいよ」と言われています。確かにそうです。我が家のガス台には「炊飯モード」があるので使わないともったいないと思っています。ですが、家族の食事に時間差があるので、土鍋の美味しさより利便性をとっています。みんなで「せーの」で食事ができませんし、いちいち温め直すのは大変なのです。だから我が家には炊飯器が必要です。その代わり結婚以来、ずっと5合炊きだった物を現在は3合炊きの小さいものにしています。

電子レンジが必要な理由

電子レンジで調理したものは身体に良くないという説もありますが、真偽が不明です。また、やはり食事に時間差があるのでこれがないと主婦である私のストレスが出るでしょう。これは割り切って使っています。その代わり、かさばって手入れの大変な(洗い物とか)圧力鍋を持たず(以前持っていましたが処分しました)堅い根菜は電子レンジでチンして時短すれば圧力鍋は不要なので重宝しています。洗い物も少なくなります。

掃除機が必要な理由

掃除機を持たずホウキで掃除・・は理想です。以前、試みましたが無理でした。第一、カーテンを開けにくいので無理なのです。(ホウキはホコリが舞い上がるため)全ての部屋をホウキではいていたら掌が痛くなり皮がむけました。そんなに広くはない住まいですが。現在使用の掃除機はハウスダストセンサー付きの掃除機なので、ほこりやちりがとれているか目に見えてわかります。機密性が高くカーテンを開け放てない住まいには掃除機が必要だと思います。

水切りかごが必要な理由

以前の住まいで5年間、水切りかごなしの生活をしていました。理由は「持たない」事を目指したからではなく、単純に「置く場所がなかった」からです。今の住まいに着て晴れて小さい水切りかごを設置しました。当初、あまりに快適なので感激しまくりました。水切りかごがあることで、小さいスペースに洗った食器を仮置きできて、食器を拭く事を軽減できるのです。もう、水切りかごなしの生活は考えられません。もし、置くスペースがない住まいの場合今後ならワゴンを設置してでも水切りかごはなんとしても置くと思います。第一、食器を洗った直後にふきんで拭いても湿気がだいぶ残っているはずです。それをすぐに食器棚にしまうのは不衛生な気がするのです。

「持たない物ブーム」は流行に影響されず、自分の判断で決めよう

「持たない物」にも流行がありますね。現在は今回挙げた5品でしょうか。これらは可能な立場、条件の下「持たない」「要らない」ということであって、全ての人に当てはまるものではありませんよね。確率的に単身者、もしくは子供がいない夫婦だけなどであれば今回挙げた5品は必ずしもなくても困らないかもしれません。けれども、子供がいたり家族が多かったりするとなかなか無理がある面は否めないと思います。ところが「ブーム」に影響されて無理をして持たないとかえって生活がしにくくなりストレスがたまったり家族が暮らしにくくなっては本末転倒です。自分の判断で冷静に「持たない物」は判断したいと思っています。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。