ヨドバシドットコムが予想外に使いやすい。アマゾンに在庫のない本を注文してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

アマゾン、楽天に在庫がなかったため、ヨドバシドットコムに本を注文しました。このショップの利用は2回目です。改めて使ってみると「もしかすると、アマゾンの利便性に限りなく近いかも!部分的にはアマゾンより気が利いているかも!」とかなり好印象を抱きました。どんな点がアマゾンに近く、優れているか、その点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

アマゾンに匹敵する嬉しいサービス

会員登録してログインすると各商品に配達予定日が表示される。

会員登録をして、ログインした状態でサイトを見ると、各商品に配送予定の日付が表示されます。これってすごく良いシステムですね。アマゾンにも表示されていますが、お急ぎ便の配送予定日時ですからね。こちらにはお急ぎ便はなく、通常配送の日付だけですが、十分便利です。

配達会社、配達方法を選べる。(一部有料)

配送よどばし

アマゾンや楽天に注文をすると、配送無料といっても、本など第一どういうスタイルで送られてくるかわかりませんよね。

メール便、ゆうメール、宅配で来るかわからない

けれども、有料オプションを使えば、好きな配送方法を選ぶことができます。

その地域の配送業者さんが、どうしても遅れがちだとかいろいろありますよね。私も少し追加料金を払ってもいいから、気に入っている業者さんに配達してもらえたらなあと思っていました。なんと、それが実現しています。

ペイジーネットバンキング対応している。手数料無料

今はキャンペーン中とのことで配送料金は無料になっています。基本は一万円未満は500円、それ以上は無料なんですね。完全無料なら、ほぼアマゾンと同等になりますね。ただしアマゾンも一部低額品について「買い合わせ対象」として2000円以上で注文できるとなっていますね。

通販で、とくに本を販売しているところでペイジーを採用しているところは滅多にありません。私がよくアマゾンを利用するのは、実はペイジー(ネットバンキング対応)を使えてその手数料が無料、決済の確認までの時間がものすごく早いからなのです。

  3ヨドバシ

アマゾンより物足りないかな?という点

ペイジーネットバンキングに必要な番号は手入力しなくてはいけない。

ただし少し物足りない点はあります。それはペイジーをネットバンキングで支払う際の手間についてです。アマゾンは支払い番号のメールが来ると、そのURLをクリックしてネットバンキングにログインして(にせメールでないかよ~く確認しています)いくと収納番号やお客様番号や確認番号を自分で入力する必要がありません。自動で表示されるので決済の暗証番号を入力するだけです。

ところが、ヨドバシドットコムの場合は、いったん自分でネットバンキングの画面を開いてログインします。次にペイジーを支払うリンクを開き(「決済」>「ペイジー」など)収納番号、お客様番号(登録の自分の電話番号になっています)、確認番号を手入力しなくてはいけません。たいした手間ではありませんが、若干、面倒といえば面倒ですね。でも手数料はアマゾンと同じく無料です。

ヨドバシドットコムの決済完了してから入金確認メールまでの時間。

あとは、支払いをしてから入金確認までの時間ですがアマゾンはその時にもよりますが、早ければ即時にメールが来ます。遅くても1時間以内くらいですね。ヨドバシドットコムの場合は、今回は決済を完了してから入金確認メールが来るまでの時間はおよそ80分くらいでした。

商品レビューが少ない

商品レビューの数が少ないので、結局アマゾンの画面でチェックしています。これからもっとレビューが増えていくといいですね。

アマゾンに在庫がない本など送料無料なら、もっと利用しても良いと思える。

もともと、前回初めて利用したきっかけはアマゾンにも楽天にも紀伊國屋書店にもジュンク堂&丸善にもない本が一冊の在庫をポロリと発見したからです。こちらでは中古本の扱いはありません。あくまで新刊だけですが、在庫の豊富な書店が多数あるのは喜ばしいことです。

スポンサーリンク
今日のテーマ車無し生活
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。