長いサイクルでバランスをとれば完璧でなくても問題ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
本「簡単に暮らせ」

当ブログ「簡単に暮らせ」が書籍になりました。

8刷決定しました。8/19電子書籍リリースしました。
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞に広告掲載されました。

      

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

イギリスの食事はマズイ事で有名だそうです。家庭の食事のほとんどが冷凍食品で、調理の手間はほとんどなく、電子レンジでチンするだけが主流とか。日本で、そんな事をしていたら「主婦失格」の烙印を押されそうです。でも、イギリスの一般家庭がそれでも回っているというのは事実です。

a0001_015810

(イメージです)

そこで思ったのは「もしかして、私たちって、料理を作りすぎなのでは?」という疑問です。節約料理と言われているものでも、品数が多く、色とりどりの献立が食卓に並びます。そういう食事が普通になったのは、おそらくここ30~40年程度なのではないかという気がします。

ケーキや唐揚げ、ハンバーグ、スパゲッティ、カレー・・こうしたメニューは今やごちそうではありません。普通の日の普通のメニューです。このようなメニューがごちそうではない現代の主婦は毎日の料理作りが本当に大変です。そうではない人もいるかも知れませんが、少なくとも私は毎日の食事作り、弁当作りに嫌気が差しています。

もともと、そんなにキライでもニガテでもないのですが、休む間がなさすぎて作るサイクルが短すぎるのです。いい加減「飽きた」という感じ。最近は、弁当には冷凍食品も取り入れたり、2日続けて同じメニューを作ってみたり、朝の味噌汁をインスタントにしてみたりという手抜きを取り入れています。

それでも次々とまた次の食事作りは押し寄せてきます。そこで最近取り入れているのは、短いサイクルで完璧を目指さない事です。たとえば、味噌汁はいつも手作りではなく、インスタントに乾物のわかめやのりを入れる方法など。メニューに必ず汁物をつけないとか、野菜を洗ってカットするのが面倒なので(でもカット野菜は使いません)朝は野菜なしでも夜にあればよいとか、今日、野菜なしでも3日のうちに野菜たっぷりの日がいずれかあれば良いと言う具合です。

店ではないので、毎食見た目も栄養もバランスをとらなくても3日程度で帳尻が合えば良しとしています。食事の栄養面ではバランスバランスと言われますが、昔の人はその時期に収穫できる食品はバランスが悪かったはずです。いわゆる「ばっかり」な食材を食べていたはず。そう考えると短いサイクルでバランスを取る現代の食事にはいささか疑問を抱いていました。

そもそもバランス良く食べるにはたくさんの食材と食器と調理器具を必要とします。けれどもバランスにこだわるのとやめると、実にシンプルになります。そうしたことで何か問題があるのかどうか。私はラクしたいので、食事のバランスは3日単位くらいで帳尻を合わせればOKとしています。そういうメニューにすれば、少しは家事の負担も楽になるのではないでしょうか。多分、現代は食事全般が豪華すぎるのです。もう少し質素にしても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
今日のテーマ時間年末
暮らしに役立つ人気のブログ村テーマ
アドセンス・関連コンテンツ




ブログ村

参加しているブログランキングサイト

参加人数約1千百人のミニマリストカテゴリランキングはこちら
ミニマリストブログランキング

参加人数約5万8千人のライフスタイルカテゴリランキングはこちら
ライフスタイルブログランキング

参加人数約1千5百人中の片付け収納カテゴリランキングはこちら
節約・節約術ブログランキング

参加人数約93万人中の当ブログの総合ランキングはこちら
ブログランキング ブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sns表示不具合について

feedlyの読者数が不具合により0になることがあります。現在のfeedly読者数は330~340前後です。