スカートのウケが良い理由がわかった。履けているということは健康でタフな証だから。

もっと簡単に暮らせ

2017年7月22日発売

おかげさまで第3刷決定

もっと簡単に暮らせ アマゾン
もっと簡単に暮らせ [ ちゃくま ] 楽天

こんにちは

こんにちは ちゃくまです。

最近は全くスカートを履かなくなりました。理由のひとつに移動の中心が自転車になったことも大きいと思います。仮に自転車ではないとしてバス、電車で移動するにも、駅の階段の上り下りではやはりパンツの方がしっくりくるのです。それと冷え対策ですね。

一度スカートを履くことをやめてしまうと、なかなか元には戻れないようです。唯一、子供の学校の入学式、卒業式でのスーツとブラックフォーマルでのみスカートスタイルになっています。ブラックフォーマルは少し前に新調しました。そのときはパンツスーツを買うつもりでした。ところがお店のかたによると、「パンツスーツは身内の者は避けるのが無難です。」と教えられたのでワンピースとジャケットのセットを選びました。

TIG89_benchinikoshikakerujyosei500

(イメージです)

ということは女性の場合は、ハッキリ決まっているわけではないけれスカートが正式な服装で、パンツはそうではないということなんですね。自分が最近履いていないから思うことですが(イソップの酸っぱいブドウのキツネのように)どうも最近、スカートを履く意味がわからなくなっています。

負け惜しみ的な発言なのは承知しています。スカートを履くメリットって一体何なのかわかりません。スースーするし、冷えるし、見えるかも知れないし(誰もオバサンなんて見たくないけれど、公害にならないようにという意味で)、風が吹くと舞い上がるし、足が見えるし、華奢なパンプスとあわせないと格好悪いですよね。しいて言えば、男性受けという点でしょうか。

そういえば夫も会ったころは「パンツスタイル、断固NO!」と言っていました。今は気にせずパンツをはいていますが諦めたのか、気にする要素がなくなったのか分かりませんが、何も言いません。確かに男性でなくても女性目線でも断然、スカートスタイルのほうがオシャレに見えますね。就活中の学生さんもたまにパンツスタイルを見かけますが、同じ女性目線でも、何となくパンツスタイルだとがっかりします。

何となく見た目に楽しくないからです。ショートパンツにストッキングをはいている学生さんを見かけますが「もったいないなあ」と思います。まだ若いんだから、スカートを履いた方がかわいいのになあ・・なんて。でも自分のことは棚の上です。パンツばっかり履いています。スカートを履くにはトレーニングが必要ですね。たまに履くとスースーして本当に寒いです。それにしても男性より女性の方が身体を冷やしてはいけないのに、どうしてわざわざ冷やしやすいスカートが女性の服なんでしょうね。

一般に、スカートを履き続けている女性は前向きで素敵と言われますが、パンツスタイルを貫いていると、どうもあまりウケがよくありません。実際にスカートを履けているということは冷え性でもなく健康な証でもありますね。そういう意味からすると、男性がミニスカートなどを履いている女性を好むのは、健康で丈夫な女性を選別し、自分の遺伝子を確実に残せる相手を無意識に選んでいるということなのかも。

年を重ねてもスカートを履いている女性は、寒さにも耐えられているタフな証拠だし、スカートを履くためには華奢なパンプスと合わせても痛くならない強固な足も併せ持っているという証明です。

健康で元気な人に惹かれるのはパートナーとしても、友人としても当たり前のことです。スカートを履く意味は、もしかしたらそんなところにあるのかもしれません。

スポンサーリンク
ブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブログ村テーマ
このブログの記事

▼ このブログ記事新着はこちら

自宅でアマゾンギフト券を買う方法
プロフィール
プロフィール

 このブログを書いている人

  ちゃくま
  年齢 40代(女性)
  3人家族(夫婦+子供1人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アドセンス・関連コンテンツ